中国電力島根原発1、2号機(松江市)の定期検査で多数の点検漏れがあった問題で、島根県と松江市は16日、同社との安全協定に基づき同原発に対する立ち入り調査を行った。
 調査は、県と市の原子力安全対策室の職員ら計13人が実施。冒頭、県の福間亮平危機管理監は同社に対し「今回の事態は県民に不安や懸念を与え、原子力発電に対する信頼を揺るがし誠に遺憾」と述べ、「足元から再点検を」と、改めて厳正な総点検を求めた。 

特別会計、原則廃止を=民主の政策研が提言(時事通信)
民主法案判明 ネット選挙解禁へ 今夏の参院選から適用(産経新聞)
郵便不正公判、元局長「ワナにはめられた感じ」(読売新聞)
放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災(産経新聞)
ピークは下り1日、上り5日=GWの予約状況-JR各社(時事通信)