岡田克也外相は7日午前の衆院外務委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる社民党の対応について「『これはだめ、あれはだめ』ではなく、政権を担うものとして自覚を持ってほしい」と注文を付けた。県内移設に強く反対する社民党の服部良一衆院議員の質問に答えた。

 岡田氏は、ゲーツ米国防長官が先月の会談で、移設には地元同意が重要との認識を示したことに関しては「地元との『合意』とは必ずしも言っていない」と強調。同時に「移転先が決まらなければ、現状が残る」と述べ、その場合は普天間飛行場が継続使用となることを指摘した。

中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
首相動静(3月29日)(時事通信)
政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に-沖縄知事(時事通信)
訃報 堀之内久男さん85歳=元自民衆院議員、元郵政相(毎日新聞)
週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)