桜島(鹿児島市)の昭和火口で、11日午前2時2分、今年500回目の爆発的噴火(爆発)を観測した。噴石が6合目付近まで飛散した。年間最多爆発回数を更新した09年(548回)は、12月25日に500回目を観測しており、約7カ月も早いペースで噴火が続いている。

 桜島は、09年7月19日から噴火警戒レベル「3(入山規制)」が継続中。鹿児島地方気象台は「現時点ではレベル3の範囲内の活動にとどまっており、レベル4(避難準備)の発令は考えていない」としている。

 一方、京大防災研究所火山活動研究センターは今年1~3月に顕著な地盤変動を確認。地下のマグマ量が増大しているとみられ、爆発回数の増加や溶岩流出の可能性を指摘し、警戒を呼び掛けている。【川島紘一】

【関連ニュース】
強風:100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛
こいのぼり:全長100メートル 埼玉・加須
3カ月予報:5~7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧
桜:造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪

谷亮子選手、参院比例で民主擁立へ(読売新聞)
賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
社長を刺殺し自ら119番通報 千葉、容疑の社員逮捕(産経新聞)
<掘り出しニュース>アキタ朝大学 発足 秋田の魅力・将来を議論(毎日新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)