22日午前の東京株式市場では、経営破綻(はたん)に伴い上場廃止となる日本航空株が一時、取引価格としては最低となる1円まで下落した。日航株の売買は2月19日まで可能。22日も短期的な利益獲得を狙う投資家の売買が続いており、1~3円での値動きが続いた。同社株は21日、大証でも一時1円を付けた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔マーケット情報〕株と為替の最新市況
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目-2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)
<SL>「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)
<梁山泊>脱税容疑で3人逮捕 大阪地検(毎日新聞)
小沢事務所 別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速-日航再生計画(時事通信)