兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故から25日で5年となるのを前に、今年も現場近くの菜の花畑に花で描かれた「命」の文字が浮かび上がった。風に揺れる黄色い菜の花は、付近を通りかかる人々に失われた命の尊さを訴えかけている。

 近くの農業、松本三千男さん(74)は事故が起きた5年前の4月25日、現場での救助活動を目撃。「遺族や負傷者の方々を元気づけたい」と一昨年5月、所有する畑に菜の花で文字を描こうと思いついたという。

山崎さんシャトル、最終準備=「思う存分楽しんで」-今夜打ち上げ(時事通信)
09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
与謝野・平沼新党、8日にも結成…まず5議員で(読売新聞)
小学校にミカン植えた男逮捕=130本、一部土地所有-宮崎県警(時事通信)
神奈川県教組 基金8億円消える 主任手当が原資 「委譲」と説明(産経新聞)