宮崎県発注の測量設計業務をめぐる官製談合・汚職事件で、事前収賄と第三者供賄、競売入札妨害の罪に問われた前知事安藤忠恕被告(69)の控訴審判決公判が15日、福岡高裁宮崎支部であり、榎本巧裁判長は、懲役3年6月、追徴金2000万円の実刑とした一審宮崎地裁判決を支持、被告側控訴を棄却した。
 安藤被告は持病で入院中のため出廷しなかった。 

【関連ニュース】
安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件
談合で4社指名停止=国交省
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官-6社を指名停止・防衛省

<現金輸送車襲撃>2被告、起訴内容認める 津地裁初公判(毎日新聞)
<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)
<中国艦艇>確認時、護衛艦にヘリ接近(毎日新聞)
<山崎直子さん>宇宙で刻む家族の歴史(毎日新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)