第63回日本推理作家協会賞の選考会が23日開かれ、長編および連作短編集部門は飴村行(あめむら・こう)さんの「粘膜蜥蜴(とかげ)」(角川書店)と貫井徳郎さんの「乱反射」(朝日新聞出版)に決まった。短編部門は安東能明(よしあき)さんの「随監(ずいかん)」(「小説新潮」平成21年5月号)。評論その他の部門は小森健太朗さんの「英文学の地下水脈」(東京創元社)。賞金は各50万円。贈呈式は5月31日、東京・新橋の第一ホテル東京で行われる。

【関連記事】
【直木賞講評】「ほとんど点差なかった」選考委員の浅田次郎さん
「音楽の本質は不変」古楽の大家、有田正広が新境地
日本のミステリー、アジアで拡大 台湾で「島田荘司推理小説賞」創設
江戸川乱歩「幻影城」を特別公開
作家の栗本薫さん死去 「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞を受賞

小池政調会長「大阪などで1国2制度、独自にルールを」(産経新聞)
<普天間移設問題>鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲(毎日新聞)
<国民生活センター>新理事長、存在意義を強調(毎日新聞)
児童買春容疑で村係長逮捕=早退し上京、17歳少女に-警視庁(時事通信)
<学級編成>増やすの忘れた?入学早々クラス替え 名古屋 (毎日新聞)