光回線などを使うブロードバンド(高速大容量)通信の普及策を議論する総務省の作業部会は14日に会合を開き、NTT組織再編の方向性を示す。電話局と家庭を結ぶ回線事業をNTTから分離するよう提案する見込み。ただ、NTTからの反発が予想され、調整は難航しそうだ。
 作業部会のこれまでの議論では、ブロードバンド通信の普及には、通信会社間の競争を促して利用料金を引き下げることが必要との指摘が出ている。通信各社がより安く回線を借りられるよう、回線事業をNTTグループ内で独立させる方法や、グループ外での別会社化といった複数案を示すことが有力視される。 

【関連ニュース】
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も
光回線純増、前年度並み=210万件が目標-NTT東西の10年度
NTT接続料の現状維持を再要望=通信19社
NTT西に業務改善命令=顧客情報の漏えい問題で
「ひかり電話」の利用者約3万6千人に通話料金を過大請求=NTT東西

閉じ込めなどトラブル多発、自動車の電子キー(読売新聞)
白鵬米 モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
<窃盗>5300万円相当、コントラバス5台など盗難…東京(毎日新聞)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)