10代の既婚女性100人のうち約7.5人が、2005年の1年間に離婚していたことが25日、厚生労働省の調査で分かった。20代前半の男性は約4.9人、女性は約4.8人が離婚していた。
 厚労省は人口動態統計に基づき、1950~2005年に離婚した人の割合を各年齢層ごとに算出。離婚率は60~65年ごろに最低となって以降、上昇を続け、05年にほぼすべての年代で最高値を記録した。また、若い人ほど高い傾向があった。
 生涯を通じての離婚率は、全年代の平均で10組に3組程度だった。
 同省は離婚率の上昇について「離婚への抵抗感が薄れたことや、共働きが増え離婚しても自活できる経済環境にあることなど、さまざまな要因が考えられる」としている。 

【関連ニュース】
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料
「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き

デジカメ“一芸”をアピール(産経新聞)
政倫審での弁明否定=小林議員(時事通信)
<雑記帳>メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)
<労働時間>有休取得率に目標 ガイドライン改正(毎日新聞)
政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)