埼玉県や千葉県の男性が不審死した事件で、会社員大出嘉之さん=当時(41)=を殺害したとして再逮捕された無職木嶋佳苗容疑者(35)が、知り合って間もない大出さんから詐取した約470万円を1カ月ほどの短期間で使い切っていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 大出さんが死亡した昨年8月、木嶋容疑者は高層マンションに引っ越し、家財道具を買いそろえていた。埼玉県警東入間署捜査本部は、同容疑者が引っ越し費用をだまし取る目的を果たし、大出さんを殺害した疑いがあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
金無心の送信メール削除=木嶋容疑者、証拠隠滅か
すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収
カーナビに事件現場登録=月決め駐車場を行き先に
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか

千葉「正論」懇話会 田久保忠衛氏講演「日米同盟は最大の危機」(産経新聞)
個所付け通知、政府の関与否定=平野官房長官(時事通信)
追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)
子ども手当満額困難に=峰崎財務副大臣も表明-11年度以降(時事通信)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)