奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)で肝腫瘍(しゅよう)の摘出手術中に男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元理事長山本文夫容疑者(52)=詐欺罪で実刑、控訴中=が、執刀前に手術計画書を作成していなかったことが9日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 主治医の塚本泰彦容疑者(54)らも県警の調べに、「手術計画書はもらっていない」などと話しているという。
 県警捜査1課などは、山本容疑者が事前に計画を立てずに手術を行い、男性を死亡させたとみて調べている。 

若い世代は飲酒より疲労とストレス 「人体の化学工場」肝臓(産経新聞)
「市町村負担金」廃止を=原口総務相(時事通信)
親族会社の株式 鳩山首相は現在も保有(産経新聞)
警視庁蒲田署で銃弾5発を紛失か 保管記録と数合わず(産経新聞)
健康診断、より正確に!血液検査の関連遺伝子46個を発見 (産経新聞)