2009年09月28日

いっぱい飛んだ日のこと その3

練習フライト、上がったり降りたりフライトで3時間ほど飛びましたが・・・どうにも足りない・・・何かが物足りない。
漠然ともやもやしてると、タヌパパからIS乗ろうとお誘いが。なるほど。足りないのはこれだったか!つまりお遊び。やっぱりね。飛んでナンボ、遊んでナンボです。我々は!

せっかくなんで撮ってもらった動画なぞ。ちなみに撮影のタヌパパが左席、操縦している私は最近すっかり慣れてしまった右席。穏やかに飛んでまーす。

その1・・・変わった旋回してみる。



その2・・・エンジンを止めて滑空→フラップ出してスローフライトしてみる→エンジンかける→ショートパターンから普通に降りる


はい、お粗末様でした。モーターグライダーをご存知無い方は、プロペラが回ってないのに平気で飛んでいるのを不思議に思われるでしょうね(笑)。

まあ突っ込みドコロが要所要所ありますがお許しいただいて。しかも最後はセンターラインハズしたし。ああ恥ずかしい。
でも私達はこうやって遊びながら、慣れたり技量を維持したりなんですよ。ちょっと飛ぶだけでも良いんです。ちゃんとできると本当に楽しい。

免許取ったらどうするのか?という問題の答えは難しいですが、いろんな機体で飛んでみる、というのも一つの楽しみですね。o利根ならば、それが叶います。あー楽しい!やっぱ遊ばなくちゃね!

飛行場の夕焼け











            今日も平和に日が暮れる〜

と言う訳で、3時間半飛んで今週もおしまい。良く飛びました!!


2009年09月18日

いっぱい飛んだ日の事 その2

ふう、SBTさんとモーターグライダーの訓練フライトで1時間以上飛びました。次は・・・おっと、今日は例の「上がったり降りたり」の日だ!!午前中は目下飛行機の事業用目指して訓練中のNGY隊長が上がったり降りたり。午後からは私がセスナを引き継いで、NGY隊長はグライダーの曳航担当へとスイッチします。申し送りで、「今日はたくさんだよ、ひっきりなしだよ〜!」との情報に、燃料も3/4と大量に補給し、準備を整えます。

それに、なにせ今日は先日AOKさんから譲っていただいた(ただし代金未納・・・)スーパー高級ヘッドセット「BOSE君」デビューの日。晴れのデビューに、ドアの無い爆音セスナでの「上がったり降りたり」は実にうってつけじゃないですか。それに今まではTCAの皆さんにも「声が良く聞こえません」「ノイズに埋もれてます」といって不評だった、マイクの性能も楽しみです。エンジン始動しヘッドセットのスイッチを入れると早速・・・おお!!スンバらしいっ!!ノイズキャンセルマニアの私には鼻血噴出もののアイテム。いや、こいつはイイ!良すぎる!!そうですよね、MRTさん、ガスターちゃん!!

ガ○ターちゃん
違いのわかる男(ヤキソバ限定)、ガスターちゃん

はあ、あまりの高性能に興奮し過ぎました。さて落ち着いた私はセスナ172を飛ばします。このフライト、無駄なく飛んで目的のポイント上空でピタッと目的の高度に持っていくんです。そしてなにより急いで上がったり降りたりしたいのに・・・・今日はなんだかあ、上がらない・・・・!燃料積みすぎか?それとも私の全身にたっぷり蓄えた、燃料でも滑油でも無い第3の脂のせいか!?小さいサーマルはあるのですが、ドドーンとでかい沈下帯ではエンジン全開でもほとんど上昇できません。沈下にやられつつじわじわ上がってくと、予想に反して目的ポイント付近で超強力なサーマルがガツン!・・・だったらもっと早く来てもよかったじゃんか!!泣きながらパワーを絞って水平飛行。ダサすぎる。あわてて降下・着陸すると・・・遅すぎます。ひいいいぃっ!!!ずいばぜーん!!

かといっても私、セスナでグライダーばりのサーマルグリグリはあまり好きじゃないんです。重い、遅い、上昇姿勢、それで急旋回なんて・・・だから普段はサーマルはなるべく直線で何度も通過するか緩旋回に留めていたんです。それにドアの無い側に旋回すると乗ってる人が落っこちそうで(実際はベルトありますから大丈夫)・・・でも今日はそんな事言ってられません。私、上がらなくちゃいけないんです。

沈下あればサーマルあり。こうなったら気分は完全にグライダー。攻めますよ〜。なにせ私、なんちゃってグライダー乗り・銅章アリですから!!雲を見たり地面を見たりしつつ飛んでると、ゴン!速度計が一瞬上がった次の瞬間、来た〜!!+1000ft/minだ!そりゃ〜グルグル〜!!再度コン!・・・あれ?・・・出ちゃった(泣)。

気を取り直して攻めなおし。基本を思い出してバンクを調整。コアはどこだ?センターを探ると・・・その辺か?あたってるかどうかわかりませんが、何となく感じるものがあります。果たして攻め続けると、上がる上がる!!600〜1000ft/min程度で上昇できる立派なサーマルです。残念な事に右旋回で入っちゃいましたから、いまさら旋回方向は代えられません。ドアなし側の方は落っこちないように一生懸命手を突っ張っています。1200ftくらいでヒットしましたがあっという間に4000ft、ただ結構グルグル回りましたよ。こんな時、操縦していると目が回らないから不思議です。乗ってる皆さんは大丈夫かな?

目標は5000ftなので、1000ft弱を残してサーマル離脱。ポイントまでの距離と上昇率を考えながら経路を調整。これが実に難しい。で、ポイント上空で目的高度へ無事到達すると、今度は急転直下、一目散に降下です。降下姿勢なので目の前に地面が広がり、機体はどんどん高度を下げていきます。初めてこの上がったり降りたりフライトをオブザーブしたときは思いましたよ。「こんな事、訓練で習ってない・・・と。思い返せば、飛行機の免許というのは取っただけでは何にもならないという一つの極端な例がこれでしたね。

さて、他機に注意しながら滑走路にきゅんきゅん、ツルリンと滑り込むと・・・さっきより5分の短縮です。サーマル偉大なり。もう今日はこれで行くしかないですね。旋回方向は上昇気流の状態のほかに、左右の燃料タンクの偏りにもよるので若干注意が必要です。ただ後半は燃料も減ってきてさらに上がりが良くなりました。

エンジンを止める隙もなくひっきりなしの上がったり降りたりを繰り返し、最終的には多めにつんだと思った燃料をほぼ計画通りに消費して本日の「上がったり降りたり」は終了。合計8発、時間にして2時間弱のフライトでした。これで本日合計ちょうど3時間飛んだ事になりましたが・・・なんか物足りない・・・と言う訳で、この後またまた飛んじゃいました。以下次号。



2009年09月16日

いっぱい飛んだ日の事 その1


サスガに話題が飛行機から離れすぎているので、久しぶりに。
おかげさまで、いつも空が飛べるのは本当にありがたい事です。皆様のおかげなのです。ありがとうございます!!
一応今のところは年間飛行時間が最高に行きそうな感じです。

さて、今週の一発目はまずMG訓練生のSBTさんの訓練フライト。そうそう、最近の私は人様の右側に乗るような大それた事をやらせていただいております。私に当たっちゃった訓練生の方、申し訳ございません!!
いやホントに。一応一生懸命なので許してください

訓練中
        訓練中の景色〜

ところでオートバイ乗りでもあるSBTさん、3ヶ月ぶりの訓練だそうで始めの2回はまあリハビリといったところでしょうか。ところがそれ以降はすっかりカンを取り戻された様子で毎回どんどん目に見えて良くなっていきます。TGL訓練に慣れてきたとの事で、なるほど場周経路をしっかり回れるようになって来ています。ポイントは今回の場合、「正しいトリムの取り方」でした。これさえわかっちゃえば・・・ラクチンですよね。場周をきちんと飛べる事を確認したので、いよいよTGLのメインイベント、アプローチ〜フレア〜接地にいたる項目の訓練です。まだまだとおっしゃるSBTさんですが、なかなかどうしてイイ感じ。オートバイ乗りの人って、この辺の感覚を把握しやすいみたいなんですよね。きっと体内に加速度センサーがあるに違いない。

進入の入り口を正しく入る事、着目点と操作要領などポイントを把握してアプローチ、最終的には接地操作のリズムみたいなものに気づいてしまえばこっちの物。その点でSBTさんはいい感じです。おそらくはおかわりMRT機長みたいなタイプじゃないかと思うんですよね。カンが良くてらっしゃる。うらやましい!

今回、僭越ながら私が特に好印象だったのは、TGLだからといってアプローチだけに執着せず、それ以前の上昇、水平直線飛行、水平旋回といった基礎科目をきっちりこなしながらパターンを回ってくださった点でした。場周飛行は操縦技量のうち基礎的な部分が全部凝縮されています。シラバスを考えれば、直線飛行や水平旋回ができないうちにTGLをやるものではありません。でも自分もそうでしたがどうしたって着陸っていうのはフライトでも最大の見せ場なんですよ。難しいけど楽しいし。だからどうしてもそこに執着しちゃうし、その間の旋回やダウンウインドなんかもアプローチの反省やらなんやらで頭がいっぱい、まともになんか飛んでられない・・・わかります。本当にわかります。でも、階段は一つづつ登るワケですから、前段階でやった事を次の科目でしっかり生かして欲しい・・・その点、今回は一つづつの操作を丁寧に取組んで下さったので、見ていてとってもうれしくなりました。SBTさん、ありがとうございました!がんばって下さいね。

私、もしかしたら操縦教員には向いていないかも知れませんが、一応一生懸命考えます。でも説明しても皆さんが「?」という顔をされている時は、申し訳ない気持ちでいっぱいです。逆に何かをつかんでいただけた時はそれはうれしい物。私もだんだんと皆さんと楽しく飛べる先輩教官のようになりたいと思います。今後もよろしくお願いしますね!

さて、今日はまだまだ飛びますよ!!キリが無いので以下次号。




2009年08月17日

ISと仲良くなりたい

はあ〜夏休み終わっちゃった。ま、しょうがないか。仕事の次は夏休みが忙しくて・・・何しろ、仕事してないのにこんだけ用事あるか!ってくらい忙しかったですね。良かった良かった。ま、ねたが溜まってるのでボチボチかきます。

皆が乗り回しているモーターグライダーIS28なんですが、私もやっと乗る気になりまして。いや、元々乗りたかったんですが何となくタイミングが合わず。でもここの所数回乗りまして、やっと慣れて来たというか、仲良くなれてきた気がするのです。元々、この機体はその無骨な作りとは裏腹に操縦感覚はマイルドでやさしい感じです。150km過ぎてからの操縦桿の重さはまあご愛嬌としても、接地のときなんかは突然落っこちたりしないし実にマイルドです。
IS28

この機体はご存知の通り定速ピッチプロペラだしフラップはあるしで、かなり飛行機に近い操縦環境です。それになんと言っても、脚が引っ込むんですよ。私は飛行機でも足が引っ込むのは機長で飛ばしたことありませんし、だいたいおっかないです。だから、このIS28は私の機長で飛ばせる唯一の引き込み脚であるという事になりました。

まずはじめは当然左席で機体への慣熟。概略のシステムやコクピット慣熟、挙動、操舵感やプロシジャーなどを覚えます。次に、私は一応右席にも慣れとかなきゃ(というより、最近はすっかり右席がお気に入り)と言う事で右席でのフライト練習です。エラそうな事いって恐縮ですが、このクラスの機体でTGLするだけなら、そんな特別な練習はいりません。考えながら飛んでもいいのなら、です。上げて降ろすのはまあできるんですよ。でもそれではダメなのが飛行機の難しいところで、何度も乗ってはフラップの段数を変えたり、ストールなどの科目、空中でのエンジンストップや始動、滑空での着陸、緊急事態を含めてあらゆる手順や数値なども頭と体に叩き込まねばなりません。何があっても大丈夫になって初めて、「飛ばせる」といえるんですね。

と言う訳で、ISと最近はかなり仲良くなりました。もう少し経験をつんでいけば本当に手についてくるでしょう。気をつけないと本当に痛い目に合いますけど、こうやっていろんな機体に乗るのはいつも初心にかえれて勉強になるし、とても楽しいものですね。
 

2009年08月10日

家族で韓国カラオケは是か非か

以前、新大久保の韓国カラオケで興奮しすぎてトランス状態に陥った話を書きました。その後も私はかの場所へ行きたくて虎視眈々とチャンスを狙っていたのですが・・・最近、どういうわけか話がまとまりまして二回行って来ました。一度は家内と、もう一度は子供たちもつれて。元は長女がすごく行きたがってたんですね。カラオケ自体もそうですけど、娘は私が洗脳したせいでK-POPかなりイケますから普段は結構歌ったり踊ったりしてます。問題は家内だったのですが、なぜか懐柔に成功。

このお店、前回と同じチェーンですが店舗が違いました。従業員はカウンターにお姉さんが一人なんですが、驚いた事にお店はいるなり「オソオセヨ〜(いらっしゃいませ)」と来る。その後も日本語一切無しです。 通常はこちら日本人と見るや下手でも何でも日本語しゃべるんですがね。ここ日本だし。でも今回は違ってまして、韓国語で料金やら何やらをどーっと説明し始めます。一瞬ほほー、とある種の感慨を覚えた私は瞬時に脳が韓国モードにシフト。だから一時間当たり一人いくら、ついでに飲み物を人数分頼めという内容も大雑把理解しました。「そんじゃとりあえず二人で一時間。」なんて会話をしてると・・・家内があっけにとられています。

案内された部屋に入ると、 インターホンで飲み物を注文。ホットですか?なんてやり取りもあって、その後は例の韓国カラオケ機でハングルオンリーの画面を見ながら探す→予約→歌う!!の繰り返し。家内は見学。さすがに私の妻だけあって歌は好きだしみんな知ってるんですが、歌詞が読めないので参加できないそうです。途中で、とあるグループの歌を探すのにグループ名のつづりがわからなくなった私はカウンターのお姉さんをよびました。

 「ちょっとお姉さん!コヨーテってどう書くんだっけ?」
「あ、じゃあ入力してあげましょうか?」 
 「おお!じゃおナンセンスって歌あるでしょ?あれ行きたいんだよね(喜)!!」
「はい、入りました〜」
「かたじけない!!」

もちろんこれも全部韓国語。 家内はさらに怪訝な顔です。そういえば、家内は私が韓国語をしゃべってるのを見た事がないのでした。ただ、私は自慢してるようですが本当は語学としてしゃべれるなんていうレベルには到底達していないし、有体に言って出来ないというのが正確です。でも、本当にゼロの人にはそこそこに見えるのでしょう。1時間堪能して店をでると、家内が言いました。

「あたしはいつ、韓国の方と結婚してしまったのかしら?そのうち韓国行って住む気でしょ?あたしは行かないからね!」
 
でも、これがまんざらでもなかったのか次に娘が行きたい!と言い出したときには素直に話がまとまりました。今度は子供料金はどうなるのさ?とかもう少し高級な会話が必要で若干苦労しましたが、まあ何とかして。いざ歌う段になると、娘は韓国語の歌は言葉でなく音として覚えてますから、だいたい字幕なんぞ見なくても歌えるし、英語は少し読めるので問題なく結構楽しんだ様子。 こんな風に家族サービスが出来るなら私も大歓迎ですね。いや、こいつはよかったよかった。

でも、夏休みに家族で韓国カラオケに行く日本人もいないでしょうな。

2009年08月09日

iPhone大増殖

以前から目はつけていたんですが、ついに私も3月にアイポン(iPhoneを以後このように表記)購入しちゃった訳なんですね。もともと発売以来大変話題にはなっていなかがら販売不振も伝えられていたアイポンが昨年暮れ位?から盛り返してきたのは価格が下がったからでしょうか。そして、6月のアイポン3GS発売、OS3.0の発表へ向けて低価格で押し続けるあいだ、私を含めて私の周りでアイポンが大増殖したんです。もちろん女性もいます。この間なんて、電車に乗っておもむろにアイポンを取り出してふと見ると、私のすぐ周囲の4人が全員アイポン(またはタッチ)弄ってるんです。えらい事になってますでしょ?

以前はみんなこれが携帯電話だと思ってましたから、テレビ電話だの絵文字だのお財布ケータイだの着メロがドウだの、日本的な携帯電話のスペックが搭載されていない事で「つかえねー」というレッテルを貼られていたわけです。これが不振の原因かと。ところが安くなって使う人が徐々に増えてくるに従い、「アイポンは携帯じゃない」という正しい認識が広がり、本来の機能が理解されるにつれて爆発的な増加につながったのかと。

実際、私もドコモユーザーで完全な新規買い増しになるため、ネットで情報を漁ったりしたのですが知れば知るほどネガティブな情報が多かったんですね。でも飛行場でいつも楽しそうにアイポンで遊んでいるOGTさん(いまや飛行場でアイポンに関しては教祖であらせられる)を見るにつけ、楽しそうなんだけどなあ・・・と思っていました。無数のアプリで無数の機能を入れ込める端末、快適な操作性、これらを生かすため常時接続される回線としての3G回線、つまり携帯電話ではなく楽しいおもちゃだと思えば・・・?

それに私はアップル帝国に服従するのがイヤでずっと音楽プレーヤーはそれ以外を使用していましたが、この点でも世の中の優劣はすでに決着した感があります。そう、iPodなんですよ。 
私は車で音楽を聴くのに、もうずっとCDやMDには頼っていませんで音楽プレーヤーや携帯に入れた物をFMトランスミッターで飛ばしていました。これは出張でのレンタカーや社有車でもいつでもK-POP環境を整えるために他なりません。でもトランスミッターは不具合も多い。音も悪い。直接つなごうと思うと・・・世の中のカーステレオはすでにiPod対応の多い事!これはもう機は熟したと。で、私的にはただのiPodじゃなく、アイポンだと。

不思議なのは説明書がない事。ネット上にはありますが見難い。だから何ヶ月も使っていまだに気づかない操作法や機能があるんですね。巷に書籍はあまたあるので読めば良いんでしょうけど、ふと思うと「こうすると便利だよ」「こんなやり方あるよ」なんてついつい話し合ってしまうことで、話題になる回数も増えるし実はこれが作戦なのかな、と思ったり。 

とにかく大ハマリです。アイポンはすでに手段ではなく目的になっています。もちろん、私の周りの多くの皆さんも(爆)!!そこのあなた!あなたですよ〜!! 

いやいやいや

お久しぶりです。ブログの書き込みは実に久しぶりですね。なにせ状況が以前書いたような事でして。その後も徐々に収まりつつはあるのですがかといって新たな問題だらけでちょっとこちらを書くほどの元気は無かったと。

そうはいってもその間にもネタが沢山ありまして、おかげでそれぞれみんな過去の事になりつつありますが、今までの経験からもこうやって少しでも書くと勢い見たいのがついて次々更新できたりするもんですから、とにかく書こうと。

それなりにちゃんと飛んでますし、韓国ネタも盛りだくさんだし。さて、勢いつくかな? 

2009年07月09日

近況報告

皆様、こんばんわ。夜中です。
ここをご覧下さる皆様に、近況をご報告します。

ちょっと仕事でどえらいトラブルが二件立て続けにおきまして、別に会社がつぶれやしないんですが、ちょっと真剣に大変です。ちなみに6月は30日のうち会社に行かない日が3日、地方出張が26日間。自分の休みは1日、始発、終電、徹夜作業の連続、以後も似たような状況が続いています。いっときますが、私が何かしでかしたわけでは全く有りません。はい、ありていに言って人のせいですが。でもこんな事はここでしか言えません。ま、立場上も仕方ないので矢面です。上司も部下も関係者全員うつ病一歩手前と。

近況を見るたびに、すっかり遠くなってしまったo利根に思いを馳せます。かつて一度はパイロットだった私ですが、こうしてニワトリになってしまうのはあっと言うまなんですね・・・。等と言ってみたり。少なくとも、完全に時事ネタについていけなくなりましたな。 でも、近況は良いものですね。だってこんな状態の私だって、皆さんが楽しく飛んでいるのを見て、自分も飛んだつもりになって心だけはo利根の空を自由に羽ばたく事ができるんですから・・・・

って、んなわきゃナイでしょーが!! 人が飛んでたら自分も飛びたいの!!
ええ、心が狭くてもわがままでもあたしゃー飛びたいんですってばあああ!!
あ~うらやましいたらありゃしない!!ストレスぢゃあああああああ!!

↑ あれ?航空身体検査不適? 

2009年06月01日

鼻血〜(別の意味で)

どうもここの所、週末の天気が良くないですね。
梅雨も近いし仕方ないのかも知れませんが、とにかく飛べない。今週も土曜はダメ、日曜もダメ・・・と思ったらとりあえず飛べたらしく、昼前に慌てて飛行場へ出撃。当日はT大航空部のイベントが開催されていて、OBやゲストの方がとっかえひっかえ飛んでいてとってもにぎやかです。で、私もその中で交代要員として2周ほどモーターグライダーを運転したのでした。

最近は訓練の方のとなりに乗ることが多く、自分でずーっと操縦するのは久しぶりです。だからとっても楽しく飛びました。一人目の方のときは、とにかくちゃんと飛ぼうとして、手順、諸元などをまるでデモのように意識して操縦します。すると、まあ免許もちだし、それなりに決まるワケですよ。大変に満足。最後なんか自分でも一瞬「?」と思うような滑らかな接地で、ちょっと記憶に残る着陸だったかも知れません。同乗の方には「ね?意外に怖くないモンでしょ?」なんて得意げに言ってみたりして。 すっかり有頂天。楽しい〜!!

駐機場に戻って、次のゲストと交代です。すると周りの方が・・・

「あ、次の方、日本語できないんで。」
「はあ?」
「実は韓国のお客さんなんですよ。」
「な、なんですと〜  (゚∇゚ ;) !?」

す、スバラシイ〜!!!!!
こんな場面で、こんな素晴しい事が起きるとは!!予想もしない展開に、私はすっかり耳から湯気を噴いてレッドゾーンへ突入。多分ちょっと鼻血も出たかしれません。で、肝心の韓国のお客さんは何となく寡黙な方のようですが、私はもう興奮しきってますから一方的にぺらぺらしゃべります。

「韓国の方ですか?旅行ですか?まあ私は一応ここで操縦教えてるんで、安心して乗ってて下さい。ほら!飛行場はあっちに見えますよ〜でも結構面白いモンでしょ?天気が悪くて残念ですね〜なに?高度?ああ、900ft、300mちょっとですよ。怖くないですか?え?大丈夫、ではあと五分くらいでおりますからね〜(喜)!」

・・・お客さん、若干引き気味。
一応相槌を打ってくれているのを見ると通じてはいるみたいです。ところが、お客さんがしゃべった事が理解できない。なにせインカム越しで頭が一瞬途切れたりするじゃないですか。私の語学力ではどうにもこうにも・・・いや、でもこの際関係ありません。楽しすぎです。わはははは〜!!

ところが大事な操縦の方・・・・さっきはあんなにバシっと決まりまくっていたのに、今回はなんとヘロヘロ。どうやら韓国語で能力の半数以上を持っていかれているようでして。諸元が落ち着かない事!でもいいんです。楽しいんです。再度わはははは〜!!!

念のためいっときますけど、別に危険は無いですから。航空従事者としてちゃんと飛びます。だから後半はちょっとおとなしくしたりして。
で、さっきほどではないけどまあ無事に着陸して(私だけが?)楽しいフライトは無事終了。韓国のゲストさんが機体から降ります。
「ネ〜、イジェ トジャケッスミダ〜!スゴハショスミダ。タシオセヨ〜!!(はーい、着きましたよ〜お疲れ様でした。また来て下さいね!!)」
満面の笑顔でお送りする私でしたが、なんとゲストさんからは・・・

「ども、ありがとうございました!!」

って、日本語上手!? 残念〜っ!
 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

2009年05月20日

リンク追加〜

早くも韓国ネタに戻っちゃいます。なにせ前回九州行って以来、飛んでませんので。わははは。

新しくリンクを追加しました。その名も・・・

ibkのチェミッチ?K-POP☆ 

です!!韓国歌謡(特に女性アイドル路線)を中心とした大変ディープなブログでして、さらにこの方の友達リンクの先がまたまた深い。私のこんなテキトーブログとはワケが違い、神クラスの内容です。ワンガ、ソシ、KARAなど私と共通の路線もあり、数回コメントさせてもらったりしながら当ブログでの紹介のお許しをいただきました(ibkさん、ありがとうございます!)。
と言う訳で、今後も韓国歌謡界から目が離せませんよー!!