どこから見てもおいしそうな串かつやコロッケだが、正体はチョコレート-。こんな変わったチョコレートが豊島区東池袋のレジャー施設「ナムコ・ナンジャタウン」で販売されており、バレンタインデーのプレゼントにと人気を博している。

 この施設は毎年冬、約200種類のチョコレートを集めたイベント「チョコレート博覧会」を開催。昨年はカブトムシの成虫や幼虫を模したチョコレートが「キモかわいい」と話題となるなど、変わり種のチョコレートはここ数年人気を集めている。

 担当者によると、今年は静岡県島田市の「ケーキ工房リモージュ」が出品した「串かつエクレア」と「コロッケパイ」が人気だという。

 エクレアやパイをチョコレートでコーティングし、砕いたクッキーをまぶして本当に油で揚げたような色に仕上げている。“ソース”と“マヨネーズ”もついているが、これらもチョコレートだ。値段はいずれも2個で600円。担当者は「恋人や友人にプレゼントしてリアクションを楽しんでみては」と話している。販売は3月14日まで。

米管理団体 「マイケル」使うな グッズ関連業者を提訴(産経新聞)
<石川衆院議員離党>野党、追及姿勢崩さず(毎日新聞)
ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解消実験(読売新聞)
<雑記帳>チョコ売り場に神社の映像 仮想参拝で恋、成就を(毎日新聞)
「簡単や」山本理事長執刀の患者だけ死亡(産経新聞)