08年6月の無差別殺傷事件以降休止している東京・秋葉原の歩行者天国について、行政や地元住民などでつくる検討会が25日、再開に向けた協議を始めた。

 会合では、地元町会長や商店主から「いずれは再開してほしい」との声が上がる一方で、「再開して、また過激なパフォーマンスをしてもらっては困る」「地域のルール作りが先ではないか」などの慎重意見も出された。

 検討会は地元町会や商店街、千代田区、警視庁などの代表30人で構成。事件後の08年8月から街の安心・安全対策などについて検討を進めてきた。09年8月からは防犯パトロールを実施し、事件現場近くの神田末広町会は先月から防犯カメラの運用も始めている。

【関連ニュース】
歩行者天国:YYストリート開催 来月14日、近鉄四日市駅前で /三重
川辺二日市:露店並びにぎわう /鹿児島
イベント:「まちいこ!」合言葉に、中心商店街に活気を 周南の若者企画 /山口

35歳主婦が首を切られ死亡 通報の夫「自分が刺した」 静岡(産経新聞)
衆院議長不信任決議案を否決(産経新聞)
働く女性にとって関心のある習い事は「英語」(産経新聞)
「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検-千葉大生殺害放火(時事通信)
男性が線路1キロ走る 電車に遅れ 大阪(産経新聞)