25日の衆院予算委員会で前原誠司国土交通相が、自民党の町村信孝元官房長官の質問に“逆ギレ”する一幕があった。

 地方の疲弊ぶりを訴える町村氏に対し、前原氏は「さっきから話を聞いていたが財政赤字を膨れ上がらせて、バラマキの公共事業をやってきたのはどの政党、政権か!ダム、空港、港の維持管理だけでも大変だ。これ、どうするんですか」と逆質問で応酬。

 鹿野道彦委員長は「時間なので」と制止に入ったが、怒りの収まらない前原氏は「自分たちのツケを放っといて、今の政権に文句を言うのはやめてほしい」と主張。町村氏が「何かあれば前政権のせいだという論理は拙劣だ」と議論を打ち切ると、前原氏は「一言だけ、委員長!」となおも食い下がっていた。

【関連記事】
住民、にじむ不安「いつまで悩まされる」 八ツ場ダム意見交換
小沢氏聴取 民主、強気と不安 大混乱も
傷口広げた政治判断の遅れ…日航経営破綻
民主は良識まで“交代”か
豹変した民主 政権交代で良識後退?閣僚から小沢氏擁護発言が続出

<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)
小沢氏を事情聴取=原資など説明求める-虚偽記載関与を捜査へ・東京地検(時事通信)
裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
政権に打撃、小沢幹事長の進退焦点に(読売新聞)