公明党が、夏の参院選で撤退方針だった埼玉選挙区(改選数3)に独自候補の擁立の方針を決めたことが26日、分かった。28日の党中央幹事会で正式決定する。民主党が鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題で支持率を下げていることから、現有議席確保の可能性が出てきたとみて主戦論に転じた。

 候補者には高野博師元参院議員(62)らが挙がっている。また、神奈川、福岡両選挙区でも独自候補擁立の可能性を模索する。

 公明党は昨年12月、埼玉選挙区での擁立を見送り、改選となる現職の西田実仁(まこと)氏(47)の比例代表転出を決定していた。

【関連記事】
「幹事長辞任を」70.7% 内閣支持率急落44.3%
公明党ポスター破る 共産党の元秋田市議を在宅起訴
公明、修正協議に前向き 外国人参政権法案で
小沢氏議員辞職を視野 自公、徹底追及の構え
自民・公明、参政権法案で別対応を確認

地下鉄線路内に男性遺体 千日前線・鶴橋駅(産経新聞)
<通常国会>菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁(毎日新聞)
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審-鹿児島地裁(時事通信)
12月の鉱工業生産、2.2%上昇=経産省(時事通信)
秋葉原無差別殺傷事件きょう初公判 争点は責任能力(産経新聞)