就職情報会社の毎日コミュニケーションズは10日、2011年春の大学・大学院卒業予定者を対象とした「就職人気企業ランキング」を発表した。文系はJTBグループが3年連続、理系は味の素が初めてトップになった。一方、1月に会社更生法を申請した日本航空、大規模リコール(回収・無償修理)問題で揺れるトヨタ自動車は順位を下げた。
 毎日コミュニケーションズは11年の採用について、「少数精鋭、質重視になると考えられる」としている。
 文系は2位が資生堂、3位が全日本空輸で、上位3社のランキングは3年連続で同じ。一方、日航は前年の5位から40位に急落した。
 理系はJR東日本が8位(前年14位)、JR東海が9位(同16位)になるなど、鉄道の躍進が目立つ。トヨタは前年の7位から13位となり、常連だったベストテンから外れた。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

<変死>両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上(毎日新聞)
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
ダイヤモンドで覆われたきらびやかなiPadが販売予定
最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)
地方公務員の8割超が将来不安=「老後の生活資金」などで-財団調査(時事通信)