25日午前7時5分ごろ、大阪府和泉市尾井町のJR阪和線信太山-北信太駅間の踏切で、遮断棒が折れているのを通行人が見つけ、110番通報。府警から連絡を受けたJR西日本は、係員が遮断棒の修復を終えるまでの約30分間、踏切を通過する電車に徐行運転させた。この影響で、上下線合わせて計14本が運休、計43本が最大15分遅れ、約2万人に影響した。

脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都(医療介護CBニュース)
「どこ見てる」路上で因縁、刺殺 容疑の男逮捕 福生市(産経新聞)
檀家に振り込め詐欺防止を説法…住職が一肌(読売新聞)
カーナビ番号記載義務化…盗品ネット転売防止(読売新聞)
新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟-東京高裁(時事通信)