国土交通省に26日までに入った連絡によると、川崎汽船の子会社が実質所有するパナマ船籍のタンカー「ISUZUGAWA(イスズガワ)」号(15万9929トン)が、インド・ムンバイ東方沖のインド洋沖で、海賊とみられる不審なボート2隻に追跡され、船体後方のデッキに銃弾1発を受けた。

 国交省によると、同船が被害にあったのは、日本時間の25日午前11時15分ごろ。日本人の乗組員はおらず、インド人とフィリピン人船員計27人にもけがはなかった。追跡を受けた同船は速度を上げてジグザグ航行を続け、約1時間後には2隻を振り切った。

 同船は川崎汽船のパナマ子会社が所有しており、原油を積んでペルシャ湾から日本へ向けて航行中だった。

【関連記事】
米駆逐艦が海賊船撃沈 インド洋
中国軍将官が次々と大胆発言 存在感を主張?
中国のインド洋進出を警戒せよ
【軍事情勢】船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
川崎汽船のコンテナ船 海賊の襲撃受ける 負傷者はゼロ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「マッサージ痛い、やめろ」4歳児けった父逮捕(読売新聞)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
スカウト詐欺繰り返した目的はホテル代とプレゼント 見栄っ張り男が法廷で流した涙(産経新聞)
耐震強度不足マンション、分譲側に代金返還命令(読売新聞)
徳之島3町長 政府と会談拒否 勝負の電話…首相「存ぜぬ」(産経新聞)