平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、チリの大地震に伴う津波で、避難指示が出ていても実際に避難した人が少なかったとの指摘があることについて「残念でならない。国民にこの問題を訴えたつもりだが、結果的にはそういう状況があることは反省の一つだ。検証したい」と述べた。
 平野氏は反省点として「津波の危険性の認識を国民全体に理解いただけなかったことと、避難誘導の伝達の在り方」と指摘、政府や地方自治体による広報の在り方を検討する考えを示した。
 一方、鳩山由紀夫首相は津波で大きな被害が発生しなかったことについて、記者団に「関係省庁が最大の努力をして情報の周知徹底ができた。かなり迅速な対応ができたのではないか」と語り、国民への周知に反省点があったとする平野長官とは異なる楽観的な見方を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真ニュース〕津波警報、注意報すべて解除=気象庁
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
津波警報、注意報すべて解除=25時間ぶり、海面変動は続く

<新横浜プリンスホテル>消費期限ごまかし、ケーキを販売(毎日新聞)
2ちゃんねるダウン 韓国からのサイバー攻撃か?(産経新聞)
<ひき逃げ>道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡(毎日新聞)
竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見(産経新聞)
参院京都で2人目擁立=民主府連(時事通信)