民主党の有志議員による「宗教と民主主義研究会」(会長・池田元久衆院議員)は19日、国会内で会合を開き、宗教法人税制のあり方をめぐり意見交換した。池田氏は会合で「政治と宗教は明確に分離しなければならない。現状は大変問題が多い」と強調した。研究会は公明党と支持母体の創価学会を牽制(けんせい)するねらいがあり、今後、元公明党委員長の矢野絢也氏を呼んでヒアリングすることにしている。

無免許バイク逃走、17歳逮捕(産経新聞)
国民投票法が施行(産経新聞)
ワクチン接種、22日午前開始=最上位種の牛が陽性―宮崎の口蹄疫(時事通信)
<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)
「レクサス」リコールへ…ハンドルに不具合(読売新聞)