販売価格約3万6000円の元サッカーアルゼンチン代表のマラドーナのレアカードを盗んだとして、栃木県警宇都宮東署は15日、窃盗の現行犯で、同県芳賀町東水沼、農業、岡田誠一容疑者(31)を逮捕した。容疑を認めている。

 同署の調べによると、岡田容疑者は同日午前10時20分ごろ、宇都宮市内のゲームソフト販売店で、トレーディングカード1枚(販売価格3万5800円)を盗んだ。岡田容疑者は店内のガラス製ショーケースのすき間に針金を差し込み、カードを取り出したところを、従業員に発見され、取り押さえられた。

 同署によると、カードはゲームセンターでサッカーの対戦型ゲーム機で使用するトレーディングカード。岡田容疑者が盗んだのは、元サッカーアルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナのもので、マニア垂涎(すいぜん)のレアカードという。

【関連記事】
ワニ革バッグなどブランド品狙い2千万円 窃盗容疑で男逮捕
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む
女子大生の財布狙う 窃盗未遂容疑、文科省事務官を逮捕 警視庁
動物園からペンギンなど盗む 長崎地裁で初公判
パソコンなど盗み換金 窃盗容疑などで男2人送検

間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)
NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査(産経新聞)
東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)