平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて「全く論外だ。鳩山由紀夫首相自身が決めることを他の閣僚が言うべきではない。内閣は一致結束して、この日本をどうするかということを考えるのが鳩山政権のあるべき姿だ」と強く批判した。 

【関連ニュース】
自民に「衆参ダブル」警戒論=党内引き締めの狙いも
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調
21日の党首討論を決定
鳩山首相、成算なく確約=「5月決着」ぼかす動きも
鳩山政権への対応、一層硬化へ=現実性なき「5月決着」に不信

若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積-都臨床研など(時事通信)
山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)
各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)
<阿久根市議会>市長不信任案を全会一致で否決(毎日新聞)