千葉県いすみ市の大原海水浴場の砂浜で4日、衰弱したオットセイが打ち上げられているのを近くの人が発見した。同市から連絡を受けた鴨川シーワールド(鴨川市東町)によると、群れからはぐれて海岸まで迷い込んだとみられ、同館職員に保護された。

 打ち上げられていたのはキタオットセイのメスで、体長約1メートル、体重約33キロ。同館で飼育しながら体力の回復を待ち、海に帰す予定。キタオットセイは主に洋上で生活し、春先には南房総の海岸でも確認されることがあるという。

【関連記事】
スルメ何人分? 全長3・4メートルの巨大イカ、新潟に漂着
■写真でみる■ 異変?カタクチイワシ数十万匹 九十九里浜に打ち上げられる
オットセイ「とよちゃん」死ぬ 水族館が保護、回復せず
福井の海岸に熱帯ウミガメ 研究者「生態解明」に期待
九十九里浜に打ち上げられたクジラ死ぬ
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<雑記帳>「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)
<雑記帳>慶大SFCが設立20周年の記念式典(毎日新聞)
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
民主支持層も鳩山離れ、参院選投票も目減り(読売新聞)
外務省文書にも「跳躍上告」=外相と米大使の会談録に記載-砂川事件(時事通信)