大阪府は14日、食中毒による営業停止期間中に営業し、再び食中毒を発生させて営業禁止処分になった会席料理店「香里亭」(寝屋川市香里本通町)の男性経営者(78)を食品衛生法違反罪で寝屋川署に告発したと発表した。営業禁止処分については「設備の改善が確認できた」として解除した。

 府によると、香里亭では3月29日に食事をした客6人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、寝屋川保健所が食中毒と断定、今月2日に1日間の営業停止命令を出した。しかし店側は同日昼、事前に予約が入っていた客4人に料理を提供、この4人も食中毒を起こした。

【関連記事】
研修先で新入社員91人が食中毒 柏
ペッパーランチ、事業継続に疑義  増資不調で有報に追加記載
少年院で集団食中毒 沖縄県
旅館で230人食中毒 鳥取・はわい温泉
かっぱ寿司で15人食中毒 長野・諏訪市
外国人地方参政権問題に一石

<郵便不正事件>大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下(毎日新聞)
<警察庁>被害届前でも逮捕 男女間トラブル対応で指針(毎日新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
<浅間山>警戒レベル1(平常)に 気象庁(毎日新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)