1等・前後賞合わせて3億円の「ドリームジャンボ宝くじ」(第583回全国自治宝くじ)の発売が12日、全国一斉に始まった。東京都中央区銀座4の「西銀座チャンスセンター」では、雨の中、発売を待ちわびる約300人が列を作った。発売は6月4日まで。

 11日午後7時半から徹夜で並んで一番乗りになった川崎市幸区の無職、細川秀司さん(58)は「ちょっと寒かった。これまで1万円しか当たったことがないから、1等は夢だよね」と話していた。記念イベントに参加した女優の高島礼子さんは「夢が広がって5月病もふっとぶような気持ち。今すぐ買いたいですね」と盛り上げた。

 当選本数は1等2億円27本、1等前後賞5000万円54本、2等1億円81本など。同時発売される「ミリオンドリーム」(第584回全国自治宝くじ)は1等100万円7000本。抽選日は6月15日。【池田知広】

【関連ニュース】
高橋大輔選手:橋下知事から「感動大阪大賞」
武蔵野市:家具の転倒防止器具、無料配布へ /東京
アイ:国東の「開運ロード富来路」 遊び心で楽しんで /大分
ドリームジャンボ宝くじ:「笑顔にしたい」 幸運の女神がPR /大阪
高島礼子:西田敏行と“一戸建て”の城に

<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ-高齢者宅訪問も・警視庁(時事通信)
キセル乗車、西武鉄道は19人…36人処分へ(読売新聞)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
死体遺棄 草むらに男性遺体 愛知・半田(毎日新聞)