JR旅客6社は22日、3月1日~6月30日の春の臨時列車運行計画を発表した。新幹線と在来線特急の増発は前年比9%減の1万2003本。定期列車を含む総運転本数は同2%減の29万8842本となる。景気低迷で、利用客は同674万人減の4990万人を見込んでいる。ゴールデンウイーク期間(4月28日~5月5日)は、前年並みの2001本を増発する。

 新幹線は軒並み臨時列車の運転を抑制し、東海道・山陽が同33%減の3228本、東北・上越・長野が同14%減の2189本。一方、在来線特急は同15%増の6586本を走らせる。

【関連ニュース】
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡
JR京浜東北線:踏切立ち入りで緊急停車、6万人影響
踏切:遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線
エレベーター:また閉じ込め 名古屋市営地下鉄
東京メトロ:有楽町線で火花 一時運転見合わせ

大寒 全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
小沢幹事長事務所への弾は実弾(産経新聞)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
FOMA障害、180万人影響(産経新聞)
「高卒までに喫煙」45.9% 半数が吸って後悔(産経新聞)