04年のスマトラ沖大地震で、月や太陽の引力=潮汐(ちょうせき)力=が発生の引き金になった可能性が高いことが、防災科学技術研究所の田中佐千子特別研究員の分析で分かった。潮汐力は、地震を起こすひずみの1000分の1程度だが、大地震発生の「最後の一押し」になったという。米地球物理学会誌(電子版)に発表した。

 スマトラ沖大地震では、地震の規模を示すマグニチュード(M)が9.0を記録。大津波も発生し、22万人以上が犠牲になった。

 研究チームは1976~2008年に大地震の震源域周辺で発生したM5以上の約600地震を調べた。

 その結果、潮汐力が断層に最も影響を及ぼす時間帯に、平均の2倍に当たる約16%の地震が発生していることが分かった。逆に最も弱くなる時間帯では約5%にとどまった。

 また、潮汐力が強くなる時間帯に地震が集中する、という関係は95年ごろから次第に明確になり、04年の大地震発生後にはあいまいになったという。

 このことから、M5以上の地震の頻度が潮汐力の強いときに増え始めると、大地震が迫っていることを知る手がかりになるという。田中さんは「大地震発生の長期予測に役立てていきたい」と話す。【石塚孝志】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府
ハイチ大地震:PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針
社説:ハイチPKO 復興に日本の経験を
震災障害者支援:法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症

ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)
清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
高校無償化 朝鮮学校は「これからの議論」 文科相(産経新聞)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
<市川猿弥さん>「初春花形歌舞伎」を休演(毎日新聞)