甜茶はお茶といっても植物学上は、お茶とは別の木の葉から作られる、甘いお茶の総称で、薬草として古くから中国に存在しているお茶です。

中国では多くの幸せを願い、旧正月に甜茶を飲む習慣があるようです。甜茶の中の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)には、アレルギーを抑える作用があるといわれています。喘息、アレルギー性鼻炎、そして花粉症などに効果をあらわします。

花粉症は、そのアレルゲンといわれる抗原があると発症します。花粉などの抗原が体内に入り込んだ場合、抗体という免疫物質と結びついて体に良くない作用が抑えられます。そしてヒスタミンなどの化学物質が放出され、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こします。甜茶が花粉症に効くといわれているのゆえんは、甜茶懸鈎子が働くからなのです。甜茶懸鈎子の中に含まれるポリフェノールには粘膜炎症を抑える効果があります。

そしてヒスタミンの放出を抑える効果、抗ヒスタミン作用があることも分かってきました。このようにヒスタミンを抑制することのできる甜茶は、花粉症対策として効果があると期待されています。甜茶には副作用がないため、花粉症対策として気軽に飲めるお茶です。