「玻(は)」の漢字を名前に付けた次女の出生届を名古屋市が受理しなかったのを不服とした両親の申し立てについて、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は7日付で、訴えを退ける決定をした。
 同小法廷は「『玻』の字が、社会通念上明らかに常用平易な文字であるとはいえないとした高裁の判断は正当」とした。
 両親は2008年12月、次女に「玻南(はな)」と名付け、名古屋市に出生届を提出したが、戸籍法で定めた文字でないとして受理されなかった。 

<名古屋市議会>主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」(毎日新聞)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
学校警備員、継続ピンチ 大阪府の防犯助成終了へ(産経新聞)
さくらポリス、1年で46人摘発=痴漢など情報1616件-警視庁(時事通信)
【単刀直言】松木謙公・一新会事務局次長 幹事長辞任論なら不出馬を(産経新聞)