国土交通省に26日までに入った連絡によると、川崎汽船の子会社が実質所有するパナマ船籍のタンカー「ISUZUGAWA(イスズガワ)」号(15万9929トン)が、インド・ムンバイ東方沖のインド洋沖で、海賊とみられる不審なボート2隻に追跡され、船体後方のデッキに銃弾1発を受けた。

 国交省によると、同船が被害にあったのは、日本時間の25日午前11時15分ごろ。日本人の乗組員はおらず、インド人とフィリピン人船員計27人にもけがはなかった。追跡を受けた同船は速度を上げてジグザグ航行を続け、約1時間後には2隻を振り切った。

 同船は川崎汽船のパナマ子会社が所有しており、原油を積んでペルシャ湾から日本へ向けて航行中だった。

【関連記事】
米駆逐艦が海賊船撃沈 インド洋
中国軍将官が次々と大胆発言 存在感を主張?
中国のインド洋進出を警戒せよ
【軍事情勢】船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
川崎汽船のコンテナ船 海賊の襲撃受ける 負傷者はゼロ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

仙谷担当相 閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)
<器物損壊>消火器の投げ込み続発 神戸などの教会被害(毎日新聞)
「iPadキラー」となるか 欧州で「WePad」注目(産経新聞)
石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり-社民・福島党首(時事通信)
メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)