INAX(愛知県常滑(とこなめ)市)が3月、20歳以上の既婚女性500人を対象に実施した掃除に関する調査によると、春から初夏にかけての大掃除「スプリングクリーニング」を実施する人は平成20年の調査の12・6%から56・5%に増加している。

 春の大掃除について良いと思う理由を聞いた質問(複数回答)では、「暖かいので体を動かしやすい」(92・6%)が最も多く、「窓を開けはなしても寒くない、水仕事がラク」(88・7%)、「暖かいので掃除をやる気になる」(72・2%)が続いた。

 一方、毎年恒例となっている年末の大掃除については、82・9%が「新年を気持ち良く迎えるために必要」と考えており、84・5%が昨年末に大掃除を行ったという。昨年12月に大掃除をした人のうち、57%が2月から8月に大がかりな掃除を実施すると答えている。

 春の大掃除を行う時期については、4月が40・9%、5月が44%と、両月に集中していた。

【関連記事】
収納術 春からスッキリ 本棚や壁面、上手く使って
クリナップがお掃除教室 悩める主婦に“秘伝”の技
【お江戸単身ぐらし】(4)部屋づくりは苦しき哉
「小6は粗大ごみ。卒業式は大掃除の日」 福岡の教諭が暴言を謝罪
ベッキー・クルーエル、粋に浴衣でもんじゃ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

野宿男は重要参考人!保護中に発覚、あわてて逮捕(スポーツ報知)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(5)危機感が世論を生み出す(産経新聞)