最高裁は30日、検察の不起訴処分の妥当性を審査する「検察審査会」をPRするDVD「検察審査員」を制作したと発表した。PR映像の制作は92年以来18年ぶり。2回「起訴相当」を議決すれば対象者が起訴されるようになるなど、09年5月から検察審査会の機能が強化されたことを受け、約700万円をかけて約1000枚作製した。

 DVDはドラマ形式で35分間。主人公が検察審査員に選任され、自動車運転過失致傷事件を審査し議決する場面を描いている。

【関連ニュース】
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
水戸検察審:男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決
社説:JR歴代社長起訴 企業体質が裁かれる

<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)
鳩山首相「不知の罪」 求められる説明(産経新聞)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
服役中もブログで抗議し「再審めざす」 前和歌山市長を収監(産経新聞)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)