民主党栃木県連に1月、永住外国人への地方参政権法案に反対する内容の脅迫電話をかけたとして、栃木県警宇都宮中央署が、脅迫の疑いで、元外務官僚で無職、江田龍太郎容疑者(55)=同県佐野市=を逮捕したことが7日、捜査関係者への取材で分かった。同署の調べに対し「電話はかけたと思う」と容疑の一部を認めている。

 県警の調べによると、江田容疑者は1月12日、宇都宮市の民主党県連事務所に「爆弾を仕掛ける。刺すこともできるんだぞ」などと電話をかけ、男性職員(35)を脅した疑いが持たれている。

 県警などによると、電話は匿名で、同党が進めている永住外国人への地方参政権法案に反対する内容で、「おれは右翼だ、街宣車を回すこともできる。若いやつが事務所に車で突っ込むこともある」と話したという。県連が同署に被害届を出していた。

 捜査関係者によると、江田容疑者は外務省の元官僚で、韓国の日本大使館などの勤務経験もあり、10数年前に病気のため退職。韓国での日本語教師などを経て、現在は無職という。

【関連記事】
リストラ恨み元役員方の自動車放火 容疑で元社員を再逮捕
警察庁長官銃撃の捜査結果 オウム信者の動向を詳細記述
近藤真彦、亡き母語り号泣「金スマ」で初告白
トラブル続きの吉本興業、また脅迫状「いつでも手は届くぞ」
吉本興業に再び脅迫状「どこに居ても、いつでも 手は届くぞ」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「不法占拠」使わず 岡田外相、竹島「不要な摩擦」(産経新聞)
砂川事件文書を開示=外務省、不存在から一転-日本側「密談」速記録(時事通信)
総書記死後も「混乱しない」 都内で講演会(産経新聞)
新党「平沼党首」で始動 経済成長・財政再建「両輪」(産経新聞)
<名古屋地裁>点字のみの訴状受理 障害者「裁判開かれた」(毎日新聞)