日本政府は中国当局が日本人死刑囚の刑を執行したことについて、「残念」(鳩山由紀夫首相)としながらも、中国側に新たな懸念などを表明することはなかった。

 首相は6日夕、記者団に対し、「司法制度が違う状況の中で(刑罰が)厳しすぎるという思いはあるが、このことで日中に亀裂が入らないように政府としても努力する」と述べた。

 岡田克也外相も同日夕の記者会見で、「どういう行為にどういう刑罰を科すかはその国の立法政策の問題だ」と述べ、中国とは司法制度が異なる以上、死刑執行そのものに抗議はできないとの考えを示した。

 一方で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「大変ショックだ。日本であれば死刑にならないし、国際的にみても量刑が重すぎる」と述べ、中国側の対応を批判した。

 中国側は週内に他の3人の日本人死刑囚についても刑執行を行うと通告している。今回の死刑執行について政府内には「日本と比べかなり刑罰が重い」(千葉景子法相)との指摘も出ており、国内世論の動き次第では今後の対中外交に影響がでる可能性もある。

【関連記事】
死刑執行「日中関係に影響与えず」 中国、法治を強調
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
透明性高める努力必要 邦人死刑執行
「誠に遺憾」日弁連会長がコメント 中国の死刑執行
中国、麻薬密輸罪で邦人の死刑を執行 1972年の正常化後初
「中国内陸部の資源事情とは…?」

勤務していたピザ店に刃物強盗、売上金奪う 容疑の男逮捕(産経新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
石原都知事 新党から出馬「あり得ない」(毎日新聞)
<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)
法務省看板に朱色墨汁=男の身柄確保-警視庁(時事通信)