講談社は20日、15日に発売された京極夏彦さんの小説「死ねばいいのに」を電子書籍化し、米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」など向けに6月上旬から配信すると発表した。同社によると、大手出版社が文芸書の新作を電子配信するのは初めて。

【写真でみる】iPadの外見と画面イメージ

 価格は単行本1785円に対し、アイパッド版は900円(発売開始2週間は700円)。アップルの多機能電話「アイフォーン」版やパソコン版も同価格で、携帯電話向けは1章105円(全6章、第1章は無料)。

 京極さんは「紙の本の発売とほぼ同時にアイパッドが登場することになり、実験台を買って出た」とあいさつ。野間省伸副社長も「新たな手段で作品を読めるチャンネルが増える」と、出版市場の活性化に期待を示した。同社は近く、五木寛之さんの小説「親鸞」を、秋には京極さんの次作を電子書籍化する予定。

【関連ニュース】
電子雑誌:iPad向けに販売 6月から東京の書店組合
iPad:ソフトバンクから発売 4万8960円~
SIMロック:解除巡りツイッターで応酬 総務相と孫社長
原口総務相:米国版iPad購入 国内接続で電波法抵触?
iPad:28日に日本発売…アップル

カルテ開示、年30件未満が7割超(医療介護CBニュース)
<PCI事件>検察側、上告を断念…荒木元社長の無罪確定へ(毎日新聞)
<東京都教委>「心の病」復帰の教員支援 訓練機関を開設へ(毎日新聞)
遺伝子組み換えナタネ、伊勢湾周辺に自生・交雑(読売新聞)
全国初適用、廃棄物の冷蔵庫輸出未遂容疑で業者らを再逮捕(産経新聞)