トラックバイアス ~5/20,21 新潟編~

《走行進路》

馬1頭分の横幅を単位としています。
馬が走るゴール前直線の「進路」に内ラチからラインを振り、どこのルートを通ったかを見ていきます。 
(ex:最内=①、内から5頭分=⑤・・・) 
 
《TAC(馬券内平均進路数)》

3着以内に好走した馬が通った進路の平均を算出し、平均よりも荒れた進路や不利な進路を通った馬がわかるようになっています。好走一覧ではバイアスに逆らっている馬を薄橙→ の順番で表し、どの馬に恩恵があり、どの馬が厳しい中で競馬ができたかがわかりやすくなっています。 


<馬場状態>
稍重
<使用コース>
Bコース(Aコースから4m外に内柵を設置)

<芝の状態>
向正面中ほどから内回り3コーナー及び正面の内柵沿いに若干の傷みが見られますが、概ね良好な状態です。
<気象情報>





<トラックバイアス 5/20(土)>



引き続き、内が壊滅状態となり、外差しがよく決まっている。それは TACでも数字として表れていて、内を走った馬はほとんど好走していない(ほとんど内を走っていないのもある。)

2R


小回り4角コースらしく、息がたっぷり入って最後の瞬発力勝負となった。最後の100mまで団子状態で、そこから最後のギアチェンジでさらにもう一段階スピードに乗れたものが上位に食い込む。。

上位好走馬
特徴としてよく出ていたのは3着馬。最後の50mまでは馬券圏外にいたものの、最後にさらにひと伸びして3着まで食い込んできたのは立派。

※推奨馬1頭が見事3着(7人気)に好走!
下位凡走馬で次走注目
進路1:リネンロマン(6着)
進路2:ピジョンレッド(4着)

次走イチオシ
→◎リネンロマン 進路1
最後の直線でインを走るも、どんどん馬場の荒れたラリ沿いに寄れて、さらには前から切込むように他馬が迫ってきたせいで、追いきれずに終わる。6着であるものの、1着との着差は0.6秒、3着との着差は0.0秒と全く負けていない。ここはこれで次走人気を落とすのであれば、美味しい存在。


5R


4角の長距離戦となると、最後が我慢比べになりやすいが、向正面当たら位から早めにペースが上がって、最後は完全にバテ差し合いに。
上位好走馬
早めの抜け出しについていかず、ギリギリまでインで我慢して最後に脚を使った内の1頭を思いっきり馬場の良い外を回して突き抜けた2頭での決着。
下位凡走馬で次走注目
進路5:アンフェインド(5着)

次走イチオシ
→◉アンフェインド 進路5
好走馬とは真逆で先行して向正面で早い流れについて行ってしまい、さらには直線で早めの抜け出しで撃沈してしまったものの、それでも残り50mまで3番手で差してきた相手が全て中団から後方の差し馬出会ったことを考えると最も我慢してレースができたと見える。条件が変わった次回、人気がなければないほど美味しい馬になる。


6R

早めに外ラチ沿いを確保した馬たちだけで簡単に決まったレースのため、上位好走馬は好走の条件をしっかり押さえていており、シンプルなレースになった。
上位好走馬
上記にもある通り、スムーズに外ラチ沿いに切り込んだり潜り込んで、全くのロス無しで突っ込んできた馬たちで決まったレース。
下位凡走馬で次走注目
なし

次走イチオシ
→特にない。

9R


息の入るタイミングが少し遅れたことで、残り600mで一気に1秒以上加速して決着する超瞬発量勝負となった。
上位好走馬
一覧でも見える通り、とにかく外からスパッと切れる脚を使えて馬が決まっている。残り600mあたりから先行馬で思い切り外を回した馬に勝ち目が生まれ、外に振り切れずにインに残った馬は脚を伸ばせずに終わり、ここが勝敗の分かれ目となった。
下位凡走馬で次走注目
進路7:クラシックリディア(9着)

次走イチオシ
→☆クラシックリディア 進路7
同じように先行して外に振った馬が見事に突き抜けて、内を走ったこの馬が厳しい競馬を強いられた。元々短い距離のスピード勝負に強いタイプで、急加速の瞬発力勝負には弱く、展開だけ見てもこの馬に向かなかった。それでして荒れた馬場を走ったことで更に部が悪かった。これで9着によって次走人気を落とすのは勿体無いし、できれば短距離のスピード持続力勝負になるような舞台での出走を望みたい。

10R

1,000m地点に向かってどんどん息が入って4角を回った時点で馬群が外に膨らんでから200m毎に1秒ずつラップが速くなる瞬発力勝負となった。アウトコースを走った馬がギアチェンジをしてもスピードを落とさず、突き抜け、内目を走った馬は厳しい展開となった。
上位好走馬
基本的には外を走った馬が恩恵を受けて最後の直線でラップを詰めていき、楽に勝っている反面、強い競馬をしているのは2着馬で内から救ってきている。
下位凡走馬で次走注目
進路7:ドンリッチ(2着)

次走イチオシ
→◉ドンリッチ 進路7
馬場傾向は完全に外を走った馬が好走しているが、この馬だけは後方から進路を探して無理やり内を突いてきて、うまくかわした。勝ち馬は捕まれられなかったが、ここまでのプロセスは勝ち馬以上に評価ができるし、次走の好走しそうなくらいの強さを認めたい。おそらく人気をしそうだろうが、展開や馬場傾向に反さなければ、次走は軸として買っていいだろう。

12R

スタートから平均通りラップが早まり、そこからゴールに向けて我慢比べのレースとなった。それにより、前の馬が潰れてしまって、最後は外の差し馬が届く形となる。
上位好走馬
勝ち馬始め好走組はこぞって外を走る馬ばかりでバイアス通り。
下位凡走馬で次走注目
進路2:サンライズビーム(11着)
進路7:ハイレベルバイオ (6着)

次走イチオシ
→☆サンライズビーム 進路2
最後の直線で内をずっと走り、スパートをかけるために鞭を入れるも反応が悪く、最後は追わずじまい。見ている限り、本来の力を出しておらず、競馬をやめてしまっているため、ここは評価できない。それでいて1.0秒差なら、次走以降人気薄のまま3着まで届く可能性はあるだろう。

→○ハイレベルバイオ 進路7
内を走った馬では最も頑張った馬。前々走もかなり厳しいレースとなって、その次に巻き替えいた通り、このクラスでは間違いなく強い存在と言える。

<トラックバイアス 5/21(日)>



基本的には前日同様内が壊滅的で差しがよく届くようにはなっていたが、最後数レースのみ前後のバイアスも薄れてきていた。

1R


スプリント戦らしく、前半でグンとペースが早まって、最後は直線で脚が上がる我慢比べとなった。息は全く入らないため瞬発力は必要とせず、スピードと持続力が問われたレースである。

上位好走馬
勝ち馬は厳しいラップの中で荒れたインコースを走りきって強い勝ち方をした。2着以下は外を回ったことで馬場の恩恵も受けてのため、評価を落とす。

※1頭推奨で、1着(4人気)と好走!
下位凡走馬で次走注目
進路1: グラスハーモニー(8着)

次走イチオシ
→○ グラスハーモニー 進路1
馬場の荒れたインコースをビッタリ走って、最後も脚を延ばすも、8着に敗れる。それでも1着に0.9秒差、3着までなら0.2秒差でかなりの僅差での敗戦は悲観しない。今回人気だっただけに次走どのくらい人気を落とすかにもよるが、不当に人気を落とすようならチャンスかもしれない。


5R


レース中盤で思い切り息が入って、最後は直線での瞬発力勝負となる。完全なスローペースなため、本来であれば馬場の影響を受けにくいのだが、外差しが思い切り効いている辺りは強いバイアスがあることは否めない。
上位好走馬
瞬発力が高く、さらにはより外にいる馬がそのまま着順を上げている。スロー補正で更に外差しであれば好走も参考外とみるのがいいだろう。
下位凡走馬で次走注目
なし

次走イチオシ
→特になし。


6R

4角2ターンの内回り長距離戦となればラップが速まるところもなく、仕掛けどころがないまま最後の直線まで縺れてばて差し合いに成るのが一般的であり、まさにそのパターンになった。前に厳しいバテ差しだと、質全的に後方勢に利があり、更には差しが効きやすい外目の馬が浮上してくるのが自然流れ。
上位好走馬
勝ち馬、3着馬見ても外差しがしっかり決まっており、この3頭であえて評価するのであれば、2着馬は比較的に内を突っ込んできた組。
下位凡走馬で次走注目
進路3:ジャストコーズ(5着)

次走イチオシ
→☆ジャストコーズ 進路3
前走の回顧では

勝ち馬が外を走る中、この馬は壁を避けてインをついて前に届かずの4着。2,3着馬が明らかにTBに乗った形と見れば、内外に芝の差がない場合はこの馬が馬券圏内に食い込んでてもおかしくはないはず。毎度惜しい競馬をしているだけに、人気が上がらない内に回収したいところ。

と書いていたが、今回は展開の利を全く受けない中、苦しいインコースを走って5着に敗れるも、着差を見れば勝ち馬に0.2秒差、馬券圏内だと0.1秒差で全く負けていない。今回の好走でさらに旨味が少なくなってしまっているものの、実力はあるだけに次走はもう一度狙ってみたい。

10R


ほとんど息の入らないタイトな流れで中盤が進んだのにもかかわらず、最後もしっかり加速して、レースレベルは高い。逃げ馬が厳しい流れの中で上位に食い込むも、それを交わすために馬場の荒れた内から突っ込んだりと、上位馬だけを見ても次走へつながりそうなレースとなる。
上位好走馬
勝ち馬は前に厳しい展開の中、すんなりと交わしてきたが、それ以上にタイトな流れと荒れた馬場をなんとか耐えて2着に食い込んだところを高く評価したい。
下位凡走馬で次走注目
進路5:ミスズダンディー(5着)

次走イチオシ
→◉◉◉シンボリタピット  進路12
ラップと通過順だけ見てもこの馬がとても優秀なのは一目で分かるくらい、レベルが高いのがわかる。厳しい流れの中で最もきつい競馬をして結果を出しているため、このクラスであれば今後も勝ち負けは必須だろう。この馬のゴールタイムがこのクラスでの平均走破タイムを1秒以上上回っており、展開が向かなかった中でもこれだけの競馬ができれば、次走人気が出ても狙っていいだろう。

→○ミスズダンディー 進路5
最後の直線残り50mで一か八かインから突っ込もうと試みるも、馬場が荒れているだけでなく、追い出しの瞬間に勝ち馬に壁となられて万事休す。人気馬なだけに次走の馬券妙味はあまり期待できないものの、字面の結果がこの馬の実力ではないことはこのレースからでもわかる。

11R

スンナリと外目に出し、最後まで持続力が続いた馬が上位に食い込む。前日のレースとともに差しは決まらず前での決着となった。
上位好走馬
勝ち馬含め上位3頭は早めにポジションを確保し最後まで押し切れた組。比較的バイアス通りとなった。
下位凡走馬で次走注目
なし

次走イチオシ
→特になし。

12R

そこまでペースに緩みはないものの、先行勢と差しの一番足の早い馬での決着となる。若干ながら前が止まりにくいレースだったのかもしれない。
上位好走馬
最内で我慢して頭まで取れた勝ち馬は馬場的に高く評価できるも、レースタイムでは少し物足りないため、周りが弱かったかもしれないと疑いも残る。それでも、内で勝ち切れたのは立派。
下位凡走馬で次走注目
進路5:グラミスキャッスル(8着)

次走イチオシ
→☆グラミスキャッスル 進路5
比較的インを走って、一度は前に出たものの、横を走る馬は外に進路を変えて足を伸ばしたのに対し、この馬は内で伸びあぐねた。少しの差ではあるものの、それでもインでうまく走れていないのは、TBに苦しんだものと見れば、この馬の実力をこの着順では評価していけないと見る。

5/21予想(オークス+平場)

565/21予想


新サイトオープンしました!!

コンテンツ多すぎるので、見てもらえるのが一番早いかと思います!

色々な所を押してみてください笑

こちら画像をクリック! 

header01-1


サイト用新コンテンツ完成!!
【シルブレ新聞】
※下記画像はサンプルで内容は仮充てなので本番用とは無関係です。
※LINE@やツイッターで一部配信の場合もあり。
ヴィクトリアマイル①
ヴィクトリアマイル②



そして更に、たくちん&メシ馬がガイドワークスより単行本を発売します!
(亀谷さんや馬券裁判男卍さんが出版している会社です)


現在お陰様で
amazonでの予約数が競馬部門、ギャンブル部門で1位になっております!
 
興味がありましたら是非お願いします。



当記事更新のたくちんとメシ馬の本が出ます!!
是非とも上記リンクよりamazonで予約お願いします\(^o^)/




公式LINE@始めました! 更新情報やLINE@限定予想や考察を配信予定! 
※他の公式アカウントと同じシステムでこちらに通知は来ませんので気軽にどうぞ。
 
友だち追加

5/20予想(平安S+平場)

565/20予想


新サイトオープンしました!!

コンテンツ多すぎるので、見てもらえるのが一番早いかと思います!

色々な所を押してみてください笑

こちら画像をクリック! 

header01-1


サイト用新コンテンツ完成!!
【シルブレ新聞】
※下記画像はサンプルで内容は仮充てなので本番用とは無関係です。
※LINE@やツイッターで一部配信の場合もあり。
ヴィクトリアマイル①
ヴィクトリアマイル②



そして更に、たくちん&メシ馬がガイドワークスより単行本を発売します!
(亀谷さんや馬券裁判男卍さんが出版している会社です)


現在お陰様で
amazonでの予約数が競馬部門、ギャンブル部門で1位になっております!
 
興味がありましたら是非お願いします。



当記事更新のたくちんとメシ馬の本が出ます!!
是非とも上記リンクよりamazonで予約お願いします\(^o^)/




公式LINE@始めました! 更新情報やLINE@限定予想や考察を配信予定! 
※他の公式アカウントと同じシステムでこちらに通知は来ませんので気軽にどうぞ。
 
友だち追加
友だち追加
LINE@始めました! ブログ更新情報やLINE@限定予想や考察を配信予定です!! 友達追加してもこちらには通知など来ませんので気軽に追加どうぞ(^^)/
管理人プロフィール