ゴールドシップについて


みなさんはゴールドシップの取り扱いってどう考えていますか?


AJCCの時に、「中山得意じゃなかったのかよ!?」



天皇賞春の時に、「京都苦手じゃなかったのかよ!? 」



ってなってる方は多いかと思います。

 

中山・阪神は得意



っていうのは間違っていないと思いますし


東京・京都は苦手


っていうのも間違っていないとは思いますが、 


結局、ゴールドシップはめちゃくちゃ強いんですよ。 


そして、ゴールドシップってめちゃくちゃ脚遅いんですよ。



つまりコースとか距離とか関係ないんですよ!!


この馬は何も考えずにある1点だけを考えればいいと思っています。



その点はこちら→→→ 人気ブログランキングへ 


この観点から、ゴールシップの負けたレースを振り返ってみましょう。


宝塚記念
ペース:36.0-35.0 (35.1)

AJCC
ペース:37.7-34.6 (34.6)

天皇賞春
ペース:36.9-34.8 (34.2)

ジャパンカップ
ペース:37.0-34.1 (34.7)

京都大賞典
ペース:36.1-34.9 (34.8)

天皇賞春
ペース:36.5-36.3 (37.0)

東京優駿:
ペース:35.6-36.1 (33.8) 


逆に好走したレースを見ると

天皇賞春
ペース:36.1-35.3 (35.0)

阪神大賞典
ペース:34.7-35.9 (35.5)

宝塚記念
ペース:36.4-35.6 (35.2)

阪神大賞典
ペース:38.2-35.0 (34.5)

宝塚記念
ペース:34.7-38.0 (35.2)

阪神大賞典
ペース:36.6-37.4 (36.8)

苦手と言われる京都では

菊花賞
ペース:37.1-36.1 (35.9)



つまり、圧倒的に足が遅いので


①レースのペースが後傾ラップになる

②レースの上がり3Fよりも自身の上がり3Fのが早くなる



この2点だけを考えればいいんです。


分かりやすく言うと、ゴールシップは足が遅くスタミナは無尽蔵なので、量馬場なら



どのコース・どの距離で走っても上がりは34.5~35.5位になるということで、



レース上がりラップが34.0で、自身の上がりが34.5なら当然負けますし。


レース上がりラップが36.0で、自身の上がりが34.5なら当然勝ちます。


ゴールドシップはただこれだけです。


レースの上がりラップが34秒台のときは自身も34.5位までしか上がりが使えないので負ける


レースの上がりラップが35~6秒台のときは自身は35.0位の上がりが使えるので勝つ


ここまで見たらゴールドシップってすごくわかりやすい馬に思えてきませんか??



伝わっているか自分の文章が下手で不安なので、もう一度極端な言い方で違う言い方をすると


ゴールドシップの上がりはどのレースでも34.5として考えた時、



前にいる馬が34.5で走れるレースではゴールドシップも34.5なので、


一向に差は詰まらず...となりますよね?



前にいる馬が36.0で走るレースでは、ゴールドシップは上がり34.5なので



1.5秒分(9~10馬身)差が詰まることになります。




 AJCCで得意と思われている中山で凡走し、



苦手と言われていた京都で好走したことで、



ゴールドシップは気分次第の馬なんだ!



その日のテンションだけが問題だ!



とかよく分からなく期待を裏切る馬だと言われてますが、



それはもう考察することを辞めてしまった人たちが言うことで、



実際にはAJCCは早い上がりが求められる展開になって、


天皇賞春は上がりがかかる競馬になっただけのことで、



ゴールドシップにはいたって普通のことだったのではないでしょうか?


阪神・中山が得意と言われているのも、


どちらも上がりがかかりやすくなるというだけで、


雨が降って重い馬場が得意というのも、


上がりがかかりやすくなるだけ。


これだけでゴールドシップの好走と凡走は全て理由付けができますし、


巷で言われる難しい馬!ではなくとても単純な馬なのではないでしょうか?


と、ここまでがジャパンカップでの考察ですが、


勘の良い方は分かっていたかもしれませんが、



「これはあくまで東京競馬場での事」 

 つまりは捲りきれないという前提在りきの話でした。


なぜ東京では捲りきれないのか、という説明は今回はさらっとだけにしておきますが、考えればすぐ分かることですよね。


ひとことで言うならば

脚が遅いのでフラットなコースでは捲りきれないということです。 



それがどうか、中山競馬場では2度の急坂越えに加え、丁度捲り始めるポジションに急坂があります。


そのために、中山は得意。と言われる所以でしょうね。



今回はラストランで、内田Jに戻る事で



好走云々よりも、盛大な捲りをしてくるのではないでしょうか?


先ほどの考察もにも有るように、ゴールドシップは4角でどの位置に居ようが



上がりは34.0~34.7くらいなのです。

となれば、今回は好走要因が見込めます。


あとはオッズ次第でしょうね!! 

キタサンブラックの血統解析

こちらは菊花賞を勝ってしまったので、今更上げる必要もないのかもしれませんが、、


菊花賞前のキタサンブラックの考察記事を再度載せておきます!!



今回はキタサンブラック(母父:サクラバクシンオー)の考察をかなり掘り下げてみていきましょう!!



母父サクラバクシンオー?
3000mなんて、無理でしょ!



というように片づけるのも、安易に答えを出しすぎだと思いますし、


中距離はふつうに好走してるから、距離大丈夫でしょ!



というのも安易な気がします。



母父サクラバクシンオー産駒の馬について掘り下げてみてみましょう!



まずはキタサンブラックの血統表はこちらです↓


キタサンブラック




そして、母父サクラバクシンオー産駒は、キタサンブラックを含め20頭います。



・ハクサンムーン
・トウショウカレッジ
・トップカミング
・フミノファルコン
・シゲルフセルト
・アデイインザライフ
・モズハツコイ 


などがいまして、ハクサンムーンを筆頭にスプリント路線の馬が多いですね。
まあ、これはサクラバクシンオーのイメージ通り当然です。



さて、母父サクラバクシンオー産駒の中で芝2000m 以上の距離で走っていて・好走している馬は上の馬のうち2頭います。



トップカミング

アデイインザライフ 


この 2頭に共通することってなんでしょう?

またシゲルフセルトは勝ち星はないにせよ、2000mで2着の成績があります。


それぞれの血統表を詳しく見てみましょう。


【トップカミング】

ノーザンダンサーのクロス 4×5×5 (12.5%)
ニジンスキーのクロス 5×4 (9.38%)

 

【アデイインザライフ】
 ノーザンダンサーのクロス 5×5×5 (9.38%)
ニジンスキー (3.125)


 
【ハクサンムーン】
  ノーザンダンサーのクロス 5×5 (6.25%)
ニジンスキー (1.563)


 
 【シゲルフセルト】
  ノーザンダンサーのクロス 5×5 (6.25%)
ニジンスキー (3.125)


  【シンボリディスコ】
  ノーザンダンサーのクロス 4×5 (9.38%)
ニジンスキー (無し)


 
とまぁ、このようになっているんですね。

 
ここで見てとれるのは、主戦を2400mとしていたトップカミングはかなりノーザンダンサーとニジンスキーというタフな血量が濃いこと。


トップカミングより多少血量が劣るアデイインザライフは2000mまで


アデイインザライフより多少血量が劣るシゲルフセルトは1800mまで


そしてシゲルフセルトよりニジンスキーの血が薄いハクサンムーンはスプリンター。


ニジンスキーの血をもっていないシンボリディスコもスプリンター。



どうですか?


あれだけ漠然としていた


母父サクラバクシンオーの特徴がつかめてきたんではないでしょうか??



つまり、母父サクラバクシンオーにおいてみるべきは

ノーザンダンサーの血が濃いこと&ニジンスキーのようなタフな種牡馬の血が濃いこと
 

ということです。 


 
と、特徴が分かったところでもう一度キタサンブラックの血統表を見てみましょう。



キタサンブラック
 

  【キタサンブラック】
ノーザンダンサーのクロス 5×5×5 (9.38%)
リファールのクロス  4×4 (12.5)


リファールはニジンスキーと同じくノーザンダンサーの直子で、


ダンシングブレーヴを輩出するなど、スタミナに秀でている血統です。


そのリファールの血が12.5%


トップカミングと同じくらいのタフなスタミナを持っていそうな血統背景ですね。




現に、 主戦を中距離としていて、すでにセントライト記念の勝ち馬。



このスタミナ背景ならば、主戦を2400mにしていたトップカミング同等に


「中距離馬」 


 として評価していいと思います。



ということで、今回のゴールドシップの評価は人気ブログランキングへ ですね!