※初めてこのブログに来られた方へのご案内。
 当ブログの仕組みについては≪こちら≫を参照ください。


Main Title - Author:メシ馬
「前置き−メシ馬の競馬観」
 12

この記事はしっかりと重賞レースの特徴を把握する事を目的としています。

メシ馬ブログでピックアップ
結果からなぜ好走したのかを考え、同タイプの馬を狙う


という点に焦点を絞ってブログを更新していこうと思います!

特に「コース適性」・「展開適性」・「血統適性」は、なんせ一筋縄ではいかないのでまだまだ妙味が眠っていると思います。

データをそのまま使うのは一番最悪なので、しっかり論理付けた考察をして、「強そうだから買う」ではなく「明確な理由があるから買う。」という予想をしていけるように、読者の皆様の競馬力上達の力になれれば!というのが、メシ馬のブログで伝えていきたい事です。具体的には、

>>1.コース形態への適性から論理づけて考察
>>2.ラップ・馬場適性・血統から論理付けて考察

という点から考察をしていきたいと思います!

Sub Title - Author:メシ馬
コース形態からの考察

51
(klan参照)

中山内回りで施行され、ゲート後すぐにコーナーになることで小回りコースを上手く立ち回る適性が求められる。2500mと距離は長いがコーナー6回の小回りコースのため、息の入る展開になりやすく距離適性はあまり求められない。3コーナーから4コーナーに掛けて動き出すので、穴は内枠でじっとしていて立ち回り能力のある馬。


Sub Title - Author:メシ馬
枠順/脚質/血統/ラップ/過去データ




・枠順 / 脚質


[枠順]

51


[脚質] 

04


あまり内外のバイアスは強く無く、好位からの競馬が有利なレース。枠順はあまり気にしなくても良さそうです。


・ラップ
 

過去5年ラップタイム

32


中山2500mというイメージの割には案外コテコテのロンスパ戦よりもある程度ギアチェンジも必要になるレース質。これはおそらく有力馬は先を見据えての出走になることで厳しいレースにならないから。


・血統
 
血統傾向

11

中山のこの距離ではステイゴールドやドリームジャーニー等はいつでも要チェック。
レース自体ではかなりリピーターが多い。

アドマイヤドンも含めて、トニービンが結構走っている。

・過去5年の傾向
 

過去5年の傾向

39


これらのデータはKLANを無料登録するともっと詳しく見る事ができます。


 

Sub Title - Author:メシ馬
データの扱いと注目人気馬
 


様々な意見は有りますが、過去のデータをそのまま使うのはかなり危険です!競馬において、過去の傾向をチェックする事は大事ですが、後追いになってしまいますし、年々・日々傾向は変わっていきますので
過去の傾向はあくまで「参考までに」というスタンスで、

なぜこの結果になったのか
なぜこのような偏りが生じるのか



を紐解くためのツールとして使い、
論理付けられるデータのみを使うようにしましょう!



・注目人気馬

注目馬:ミライヘノツバサ

前走はハイペースを粘って見せたのだが、他の先行馬は壊滅状態。面白い存在。