2011年09月17日

海に沈んだ町 三崎亜記

海に沈んだ町 三崎亜記


数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、永遠に朝が訪れない町、“生態保存”された最後のニュータウン…喪失、絶望、再生ーもう一人の“私”が紡いでゆく、滑稽で哀しくて、少しだけ切ない九つの物語。『失われた町』『刻まれない明日』に連なる“町”を、気鋭の写真家との奇跡的なコラボレーションで描く連作短篇集。(「BOOK」データベースより)

遊園地の幽霊/
海に沈んだ町/
団地船/
四時八分/
彼の影/
ペア/
橋/
巣箱/
ニュータウン



やった!三崎さんの真骨頂です。やはり三崎さんは短編集が秀逸だね。
あり得ない話が盛りだくさん。三崎ワールド炸裂です。


バナ−



o_oslot1118o_o at 01:13コメント(0)トラックバック(0) 
本・三崎亜記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

しお

ポイントタウン
ポイントタウンでLINE ギフトコードをGETする
Archives
Categories
TagCloud
『図書館戦争』公式サイト