2011年10月23日

県庁おもてなし課 有川浩

県庁おもてなし課 有川浩


地方には、光があるー物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩むーいったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。(「BOOK」データベースより)



本当に高知に行ってみたくなる。他の地方都市も同じ考え地方活性化したら、観光立国になれそうだね。
有川さんらしく甘酸っぱい恋愛もあり〜ので良かったです。


バナ−



o_oslot1118o_o at 01:49コメント(1)トラックバック(1) 
本・有川浩 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 県庁おもてなし課 有川浩  [ 苗坊の徒然日記 ]   2011年10月31日 13:06
県庁おもてなし課著者:有川 浩角川書店(角川グループパブリッシング)(2011-03-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋。と ...

コメント一覧

1. Posted by 苗坊   2011年10月31日 13:07
地域活性化のために頑張っているんですけど最初のお役所の方々と民間の考え方のあまりの違いに驚きました。
でも、みんな変わろうと努力して実際いい方向へ行ったので良かったです。
恋愛も素敵でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

しお

ポイントタウン
ポイントタウンでLINE ギフトコードをGETする
Archives
Categories
TagCloud
『図書館戦争』公式サイト