2012年08月31日

竹島 門井慶喜

竹島 門井慶喜


交渉力にたけ、金だけを信じる青年・健哉が知り合った老人の坪山は、竹島問題の決定打となる先祖伝来の和本を有していると打ち明けた。健哉は、外務省に買い取りをもちかけるが、若手官僚の滝井ことみに体よく断られる。次に健哉は韓国外交当局と交渉するが…。和本には、竹島が日本領とも当時の朝鮮領とも取れる記述があるのだ。事態打開のため日下部外相は、健哉側と韓国側一同を日韓サッカー戦のスタジアムへ集めた。そこで提案された、世にも稀なる大博打とはー。歴史サスペンス&コン・ゲーム小説。(「BOOK」データベースより)




バナ−



o_oslot1118o_o at 23:26コメント(0)トラックバック(0) 
本・門井慶喜 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

しお

ポイントタウン
ポイントタウンでLINE ギフトコードをGETする
Archives
Categories
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
TagCloud
『図書館戦争』公式サイト