2013年12月07日

墓頭 真藤順丈

墓頭 真藤順丈


1955年。頭に、双子の片割れの死体が埋まったこぶを持って生まれ、周りの人間を次々と死に追いやる宿命を背負った男ーボズ。異能の子供ばかりを集めた福祉施設「白鳥塾」に収容され育つが、そこで出会った少年少女ーヒョウゴ、シロウ、ユウジン、アンジュらによって、ボズの運命は大きく変わっていくー。70年代の香港九龍城、80年代のカンボジア内戦を経て、インド洋の孤島での大量殺戮事件にいたるまでー底なしの孤独と絶望をひきずって、戦後アジアの50年を生きた男の壮大な神話が、いま開幕する。(「BOOK」データベースより)





バナ−



o_oslot1118o_o at 17:51コメント(0)トラックバック(0) 
本・真藤順丈 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

しお

ポイントタウン
ポイントタウンでLINE ギフトコードをGETする
Archives
Categories
TagCloud
『図書館戦争』公式サイト