本・や・ら・わ行・本

2017年12月02日

火天風神 若竹七海



最大瞬間風速88メートル、未だかつて日本が経験したことのない大型台風が三浦半島を直撃した。電話も電気も不通、陸路も遮断され、孤立したリゾートマンション。猛る風と迸る雨は、心に台風の眼のごとき空白を抱える滞在客を見境なく襲う。立て続けに訪れる極限の恐怖。そして炎までも、彼らを舐め尽くすべく身じろぎを始めた-若竹ミステリの分岐点となった大パニックサスペンス。(「BOOK」データベースより)



バナ−




o_oslot1118o_o at 16:49コメント(0) 

2017年07月10日

まろやかな狂気 夢眠ねむ



(「BOOK」データベースより)

ペンだこ/名前/三重県/夢眠ねむの弊害/色ー緑・ミントグリーンの謎/アキバの精神/アイドルの髪型/ライブ/アイドルの予想と理想/自分の位置を知れ/やり直し/ふりかけ/偽物/夢眠ねむ×福島麻衣子/「あいどる☆はうす」他全48点/夢眠ねむ論1.0


バナ−




o_oslot1118o_o at 03:25コメント(0) 

2016年03月28日

スクランブル 若竹七海



名門女子高校内で発見された変死体。15年後の今日、真実は明かされるのか。80年代を背景に描く渾身の学園ミステリ。(「BOOK」データベースより)

スクランブル/
ボイルド/
サニーサイド・アップ/
ココット/
フライド/
オムレット




バナ−



o_oslot1118o_o at 21:57コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月12日

THE NEXT GENERATIONパトレイバー(1) 佑馬の憂鬱 山邑圭, 押井守


警視庁警備部特科車両二課ー通称「特車二課」は、存続の危機にあった。あの悪夢のような出来事が起きたのはふた月以上前。装備総点検と称した警視総監の視閲式で、特車二課の二機のレイバーが放った礼砲が、式典を破壊する事件が起きたのだ。実動すらままならないレイバーを抱え、特車二課は風前の灯火。そんな中、立て篭もり事件が発生し、緊急出動が命じられた!押井守と山邑圭による新世代のパトレイバー、文庫書き下ろし。(「BOOK」データベースより)





バナ−



o_oslot1118o_o at 16:40コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月28日

女子大生会計士の事件簿(DX.2) 山田真哉


会社とお金のビミョーな関係、私が教えてあげる!キュートな女子大生会計士・藤原萌実と新米会計士補・柿本一麻が監査の先々で出くわす奇妙な事件、再び!領収書偽造、原価率操作、インサイダー取引、クレーム処理に潜む罠ーますます冴える萌実の推理が、会計の仕組み、会社の仕組み、そして経済の仕組みを解き明かす!単行本未収録の短編二本を追加収録したデラックス版として、かつてない超実用的ビジネス・ミステリ文庫化第二弾!おまけに読んでなるほど納得度一二〇%、「英語で学ぼう会計用語集」付き。(「BOOK」データベースより)

競艇場から生まれた事件ー領収書の話/不器用なエンゲージリング事件ー売上と借入金・貸付金の話/「綺麗だね」と僕が言った!?事件ー商品の評価の話/騒がしい探偵や怪盗たち事件ーインターネットとインサイダー取引の話/幸運を呼ぶおサルさん事件ー資金管理の話/十二月の祝祭事件ー数字の話/遅れてきたクリスマス事件ー棚卸立会・売上原価の話/女子大生会計士の事件後2/読者からの質問コーナー




バナ−



o_oslot1118o_o at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月15日

女子大生会計士の事件簿(DX.1) 山田真哉


あなたのキャリアや資産の命運はーすべて“会計”が握っている!キュートな女子大生会計士・藤原萌実と入所一年目の新米会計士補・柿本一麻が監査の先々で出くわす奇妙な事件。粉飾会計、会社乗っ取り、クーポン詐欺などバラエティ豊かな謎を解くうち、会計の仕組み、会社の仕組み、そして経済の仕組みがみるみる分かる!単行本未収録の短編二本を追加収録したデラックス版として、かつてない超実用的ビジネス・ミステリ待望の文庫化第一弾!さらにとにかく便利な「やさしい会計用語集」付き。(「BOOK」データベースより)

北アルプス絵はがき事件ー簿外入金・架空出金の話/株と法律と恋愛相談事件ー債務保証・商法の話/桜の頃、サクラ工場、さくら吹雪事件ー未収入金・未払金の話/かぐや姫を追いかけて事件ー固定資産の話/美味しいたこ焼き事件ー売掛金の話/死那葉草の草原事件ー土地の評価の話/ベンチャーの王子様事件ーSPC(特別目的会社)の話/女子大生会計士の事件後




バナ−



o_oslot1118o_o at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 

2012年11月08日

サンタクロースのせいにしよう 若竹七海


一戸建てを二人でシェア、料理さえ作れば家賃はタダ。そんなおいしい話を見逃す手はないー。というわけで、気はいいけれど変わり者のお嬢様・銀子さんの家に居候することになった私。しかし、引っ越し早々、幽霊は出るわ、ゴミ捨て場の死体騒動に巻き込まれるわ…なぜかトラブルが続発。郊外の平凡な住宅地を舞台に、愛すべき、ちょっと奇妙な隣人たちが起こす事件を描くミステリ短編集。(「BOOK」データベースより)





バナ−



o_oslot1118o_o at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月28日

小太郎の左腕 和田竜


一五五六年。戦国の大名がいまだ未成熟の時代。勢力図を拡大し続ける戸沢家、児玉家の両雄は、もはや開戦を避けられない状態にあった。後に両陣営の命運を握ることになるその少年・小太郎のことなど、知る由もなかった─。(「BOOK」データベースより)


タイトルって難しいね。確かに小太郎は出てくるし、小太郎によって戦況や他の者の人生が決まった?変わった?って結論で書かれてるんだけど、小太郎が主役なのか?!私の読み方が違ったのか?!
主な一人称は半右衛門なんだよね。じゃあどんなタイトルになるかと考えても名案は浮かんできませんが・・・「何だろうこのタイトル?!」と思わせて作品を読ませてるってことでは私には成功したから正解なのかもね。
内容についての感想がまだだった、、、。戦国の世だから半右衛門の生き方・考え方は格好いいよね。確かに現代に持ってきたらどうなのかってのも書かれてるけど、それは意味ないよね、戦中なんだから。
敵の喜兵衛もいいね!こうゆう二人を「サバサバしている」って言うんだろうね。戦っている以外は親友のように酒を飲んで語らうっていう、合戦中は殺しあっているのにね!
小太郎も例え戦時中とはいえ11歳は幼いよ。じいさんと猟師をしていたらよかったのにって本当に思った。

あ、前の作品なだだった。「忍びの国」だったか?!気が向いたら読んでみよう・・・。



バナ-



o_oslot1118o_o at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月09日

マリモ 山崎マキコ


大山田マリモ、25歳、OL、依存症者―心の傷を覆う術も知らない、生きることに不器用な彼女が人生と自分の価値に気づくまで―魂の物語。(「BOOK」データベースより)


マリモがちょっと羨ましい、酒を後先考えずに飲んでしまうところなんかがちょっとだけ。私は自分で言うのもなんだが、ちょっとだけ真面目かも、、、(ちょっとが多いな!どんだけ自信がないんだか、、、)
羽目を外せないというかなんというか、酒は記憶をなくさない程度にセーブをしちゃうし、終電で帰りたいって思ってしまう(普通か?!)。
マリモがちゃんと「社会に居場所は確保したい」っていう所なんかは気持ちがすごくわかる。
私はけっこう転職もしていて自分が何になりたいのか何がしたいのかがよくわからずここまで来てしまった。
マリモは一応農学部を卒業してそれらしい職場に就いている。まあ、「先生」の近くにいたいという理由があるにせよ。
今の私の職場は、やっと5ヶ月目に入ったけど、その前8ヶ月は雇用保険をもらいながら自堕落に生きていた。
老後までちゃんと私は働いていけるのかなぁ~と、ちょっと考えてしまった(また、ちょっとかよ!)。



バナ-



o_oslot1118o_o at 23:37コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月21日

のぼうの城 和田竜


戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかで最後まで落ちなかった支城があった。武州・忍城。周囲を湖で取り囲まれた「浮き城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約2万の大軍を指揮した石田三成の水攻めにも屈せず、僅かの兵で抗戦した城代・成田長親は、領民たちに木偶の棒から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。城代として何ひとつふさわしい力を持たぬ、文字通りの木偶の棒であったが、外見からはおおよそ窺い知れない坂東武者としての誇りを持ち、方円の器に従う水のごとき底の知れないスケールの大きさで、人心を掌握していた。武・智・仁で統率する従来の武将とは異なる、新しい英傑像を提示したエンターテインメント小説。(「BOOK」データベースより)


ふぅ〜。なんか歴史の勉強してるみたいだった・・・^^;。歴史は苦手だから、史実がちらちらと出てきてもあまり「あ〜」って感じにもならず、ちょっと自分の知識の無さに残念でした。
しかし、エンターテインメントとしては面白く読めました。忍城での緒戦の攻防は読み応えありました。次の水攻めも何かあると思ったけど、どこまで史実のままなのかはわからないけど、三成の策を単に愚策とは言えないと思ったな。相手が一枚上手だっただけだよね。



バナ−



o_oslot1118o_o at 00:20コメント(0)トラックバック(0) 
Profile

しお

ポイントタウン
ポイントタウンでLINE ギフトコードをGETする
Archives
Categories
TagCloud
『図書館戦争』公式サイト