本・誉田哲也

2016年09月08日

武士道ジェネレーション 誉田哲也



あれから六年、大学を卒業した早苗は結婚。香織は、道場で指導しながら変わらぬ日々を過ごすが、玄明先生が倒れ、桐谷道場に後継者問題がー。剣道女子を描く傑作エンタメ、六年ぶりの最新刊。(「BOOK」データベースより)




バナ−




o_oslot1118o_o at 21:51コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月04日

増山超能力師事務所 誉田哲也


調査実績が信頼の証明。お客様のお悩みを、超能力で解決いたします!お困りの際は、迷わず当事務所まで。『武士道』『ストロベリーナイト』シリーズの著者による最高に楽しいエンターテインメント誕生!!(「BOOK」データベースより)

初仕事はゴムの味/
忘れがたきは少女の瞳/
愛すべきは男の見栄/
侮れないのは女の勘/
心霊現象は飯のタネ/
面倒くさいのは同性の嫉妬/
相棒は謎の男



バナ−



o_oslot1118o_o at 22:46コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月28日

ジウ(3) 誉田哲也


新宿東口で街頭演説中の総理大臣を標的としたテロが発生。大混乱の中、伊崎基子らSAT隊員が総理の身柄を確保し、警察上層部は安堵する。だがそれは、さらなる悪夢の始まりに過ぎなかった。“新世界秩序”を唱えるミヤジと象徴の如く佇むジウ。彼らの狙いは何なのか?そして美咲と基子は―!?シリーズ完結篇。(「BOOK」データベースより)


凄い!考えが凄い!何って、歌舞伎町を封鎖して治外法権を認めろって!そして覚せい剤を作成してそれを資金に運営するからって!凄いって言う他ないよね!
新世界秩序を作ろうと画策して、SATまで仲間に取り込んで、総理大臣を拉致!ネットで犯行声明を出して国民に晒し、警察が隠蔽できないようにする。
今時ならではの発想なんじゃないのかね。普通こんなことしらた警察がまずは隠すからね。そんなの今は出来ないしね。
けど、最後がちょっと・・・。何年かは運営して欲しかったね、どうなるのか。まあ、これでおしまいだらかそうなっちゃうのかな?!



バナ−



o_oslot1118o_o at 23:25コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月04日

武士道エイティーン 誉田哲也


高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。最後の夏、ふたりの決戦のとき。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!わたしたちは、もう迷わない。この道をゆくと、決めたのだから。(「BOOK」データベースより)


うん、スカっと気持ちいい作品でした。
しかし、二人の試合はあれでよかったのかちょっと疑問というか、リアル過ぎっていうか、ちゃんと戦わしても良かったんじゃないの?!(戦ったんだけど・・・)確かにそうゆう場合もあるかもしれないけど、小説なんだからねぇ〜。
けど、黒岩との試合は良かったね!迫力満点です!まあ、中学からの因縁だからね!早苗との出会いがあった後の対決だからね!いいね!
で、進路ね!どうなんだろう、あのままなのかな?!何か「外伝」みたいのでいいから書いて欲しいな。まあ、ないかな?!



バナ−



o_oslot1118o_o at 00:04コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月15日

ジウ(2) 誉田哲也


連続児童誘拐事件の黒幕・ジウを威信にかけて追う警視庁。実行犯の取り調べを続ける東警部補と門倉巡査は、“新世界秩序”という巨大な闇の存在に気づき、更なる事件の予兆に戦慄する。一方、特進を果たした伊崎巡査部長は特殊急襲部隊を離れ、所轄に異動したが、そこにも不気味な影が迫っていた。(「BOOK」データベースより)


“新世界秩序”がヤバイです。もってかれます。田口ランディ以来のもってかれようです。
「なぜ人は人を殺してはいけないのか?」これは法律で決まってるし、道徳的な考えからもそういえるんでしょうけど、“新世界秩序”ではそうではないみたいです。
道徳的に人を説きたい場合は、殺された人には遺族がいて悲しむだろうとか、自分にあてはめて子供や親が死んだら悲しいのが普通だろうと。その考え自体が違うみたい。
生きるためなら大金を稼ぐ必要も本当は無いんじゃないのかとか、色々かかれてます。
次巻の(3)が最後みたいです。“新世界秩序”はどうなってるのか楽しみだ。洗脳されてしまいそう。



バナ−



o_oslot1118o_o at 00:56コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月26日

武士道セブンティーン 誉田哲也


早苗は成績重視・結果主義の剣道強豪高へ、香織は個人主義から部に忠義を尽くし始める。ふたりの武士道の時代(研究中)が幕を開けた―。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、正面打ち二本目。(「BOOK」データベースより)


うん。この作品もよかった。
わたしとしては剣道だけに打ち込んでいる姿が読みたかったんだけど、そうはいかないですよね。よれじゃあ話も膨らまないし、リアルな感じがでないからね。
大会の結果についても今回はあまり重視してない感じで、一つ一つの勝負についての話が重要だったみたいですね。
さあ、エイティーンが最後なのかな?!



バナ−



o_oslot1118o_o at 01:09コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月05日

武士道シックスティーン 誉田哲也


武蔵を心の師とする剣道エリートの香織は、中学最後の大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利にこだわらず「お気楽不動心」の早苗。相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再会を果たすが…。青春を剣道にかける女子二人の傑作エンターテインメント。(「BOOK」データベースより)


いいね!二人の女性が出で来る誉田さんの得意な展開。しかし、会話が面白いね!武蔵オタクの香織とお気楽不動心の早苗の会話が。
全く剣道の入り方や考え方が違うから、いがみ合ったり時には憎むところまでいってしまうの?って感じになったりだけど、なんだか仲がいい。
またセブンティーンとエイティーンがあるのが楽しみです。



バナ−



o_oslot1118o_o at 01:30コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月16日

ガール・ミーツ・ガール 誉田哲也


柏木夏美は、デビューを目前に控えたミュージシャン。フェイスプロモーション期待の新人だ。けれど、本格的なロックミュージシャンを志向する夏美と、事務所の思惑は微妙にずれている気配。直情径行で妥協を知らない夏美に、マネージャーの宮原祐司は振り回されっぱなし。そんな中、夏美にある人気女性ミュージシャンとのコラボレーションの話が舞い込んで…。痛快で爽やかな青春エンタテインメントの傑作が、響き渡る。(「BOOK」データベースより)


何だか色々とモデルがいそうなんだけど、それでもそれを想像しながらでも面白いかも!
そして、疾風ガールからそうだったんだけど、夏美の心の声が面白いんですよ!電車の中でも読んでいたんだけど、ちょっと「プッ」って吹いた^^;
夏美を中心とした芸能界成り上がり小説なのに、面白いって、、、。いいよ!これも!



バナ−



o_oslot1118o_o at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月13日

疾風ガール 誉田哲也


柏木夏美19歳。ロックバンド「ペルソナ・パラノイア」のギタリスト。男の目を釘付けにするルックスと天才的なギターの腕前の持ち主。いよいよメジャーデビューもという矢先、敬愛するボーカルの城戸薫が自殺してしまう。体には不審な傷。しかも、彼の名前は偽名だった。夏美は、薫の真実の貌を探す旅へと走り出す─。ロック&ガーリーな青春小説。(「BOOK」データベースより)


バンドボーカルが自殺という衝撃的な話ではあるけど、全然悲壮感はありません。逆に爽快感が印象に残りました。
それは中心人物であるギターの夏美。この子がとっても前向きで明るい性格なんですよ。
けど、やっぱりそんな簡単な性格ではなくて、何かいやなことがあるとすぐに引きこもってしまう。
前のバンド仲間マキや事務所に引っ張りたい思っている祐司、バンド仲間に励まされ先に進もうとまた走り出します。
いや、いいね!



バナ−



o_oslot1118o_o at 01:49コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月16日

ジウ 誉田哲也


ある夏の午後、都内の住宅街で人質篭城事件が発生した。所轄署や機動捜査隊が現場を固める中、本庁からは、門倉美咲巡査が所属する捜査一課特殊犯捜査第二係も出動。篭城事件や誘拐事件の現場作戦活動を担当するSITは、すぐに犯人との交渉を始める。だが、長引く篭城に、本庁警備部が特殊急襲部隊を待機させ、SITに無言の圧力をかける…。夜を迎え、差入れ役を命じられた美咲は犯人のもとへ向かった―。この瞬間、すべての歯車が回りだし、新たな巨大事件の姿が現れ始める。(「BOOK」データベースより)


一つの誘拐事件から始まる作品、その「黒星」からSIT・SATを交えて、まあ、警察小説ではだいたい出てくる縄張り争い。
男社会である刑事という職業で、この作品の主人公は美咲・基子と言う正反対の女性刑事二人。
二人の考えの違いをおりこんで、先がどんどん読みたくなりました。面白いね。
もう「ジウ3」まで出てるので楽しみです。



バナ−



o_oslot1118o_o at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 
Profile

しお

ポイントタウン
ポイントタウンでLINE ギフトコードをGETする
Archives
Categories
TagCloud
『図書館戦争』公式サイト