2005年03月05日

N700系試作車完成

JR東海は次世代新幹線車両のN700系試作車1編成(16両)が完成したことで4日、初めて報道陣に公開した。

この車両の特徴は新幹線車両初の車体傾斜装置を装備し、曲線の通過速度が向上されることで、東京〜新大阪間が約5分程度短縮されるという。





スピードアップは大いに結構ですけど、停車駅が増えたら何にも効果がありません。東海道はこれ以上「のぞみ」の停車駅は増えないでしょうけど、山陽は更に増えそうな気がする。

車体傾斜装置ってなんだか品川・新横浜停車のロスを挽回するためにあるという気がしてならないのですが…。

今度は「のぞみ」が「のぞみ」を抜くというダイヤにならなければいいが。

o_pro at 08:21コメント(0)トラックバック(2) 
鉄道一般 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 新幹線の飽くなき高速化  [ afuyauchiの人生すべからくネタ ]   2005年03月12日 12:51
@nifty:NEWS@nifty:世界最速360キロ、次世代新幹線を発表(読売
2. 世界最速360キロ、次世代新幹線を発表  [ 小便小僧のつぶやきfromベルギー ]   2005年03月12日 21:41
次世代新幹線を発表 世界最速360キロ 日本も頑張ってるぞ!! 世界最高速となる時速360キロでの営業運転を目指す次世代新幹線。 愛称は、「FASTECH(ファステック) 360」。車体は、空気抵抗を少なくするため、先端部を現在の最新車両「E2系」より7メー

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2004.09.01開始
訪問者数

Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: