2017年12月16日

久しぶりの徳島

2017年 12月 16 (土)

板倉造りでの板材や構造材を徳島材で建築する時、必ずや徳島に一度は出向く。今回は構造材の打ち合わせですが時には材料選びの時もあります。

1月の末に上棟予定の板倉の住まいの為の徳島行きを13日に行って来ました。今回はプレカットの刻みですがそこにも抜群に優れた入力者が居ます。「ジョウジ君」と言います。勿論、日本語の通じる日本人です。彼は私の拙い図面を読み取り、時には収まらない部分を指摘し、確実な建物にしてくれます。

プレカットはコンピューターに入力する人間と材料を準備する人間の質で建物の質が決まります。プレカット工場の知名度ではなく、一個人を指名する事は必要な事と思って居ます。 

o_toukairin at 07:22
Comments(0) 建築 | 伝統木構造

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔