小里泰弘のブログ

衆議院議員小里泰弘のブログです

おやっとさあ、小里泰弘です。

自民党における経済対策の議論がたけなわです。私も積極的に参加しています。

1980年代、私が野村証券で働いていた頃、アメリカの双子の赤字が大きなテーマでした。すなわち貿易赤字と財政赤字です。

財政赤字は、それ以前から日本にも存在していましたが、その後の財政赤字拡大のテンポが日米で大きく違いました。歳入が日本では2倍、アメリカでは5倍になったからです。

背景には経済、特に内需があります。民間消費がアメリカは日本の5倍となり、相対株価は日本の10倍となりました。

その大きな要因として公共投資が考えられます。1980年頃は日米の公共投資は同じような水準にありましたが、その後公共投資額の差が広がり、今やアメリカの公共投資額は日本の3倍となっています。特に1994年からのデフレ下において日本の公共投資が急激に落ち込んだことが経済や歳入に大きく影響したことは否めません。

今、公共投資を大胆に見直すべきと考えます。特に超低金利下にあって金融緩和の効果に限界がある中では実需をつくっていかなければなりません。

例えば、道路をつくれば居酒屋や蕎麦屋さんまで儲かるというぐらい道路事業には経済波及効果があります。また、治水事業などで地域の安心安全を確保していくことは地域の産業の振興にとって不可欠です。

一方で、医療、介護、年金等における将来不安が個人消費を控えさせ、経済の足を引っ張っている現状もあります。

消費増税すべきは増税し、これを医療、年金、介護、子育て等の社会保障制度に充て、制度を安定化させることで将来不安を払拭していくことは、長期的に見れば経済対策でもあります。

将来へのあるべきビジョンを明確に国民に示し、あるべき政策を正面から国民に説明し、これを実行していくことが今、政治の大きな責任です。




おやっとさあ、小里泰弘です。

姶良・伊佐消防操法大会、自民党姶良支部総会、出水夏祭り鶴翔祭に参加しました。

消防操法大会では、伊佐市、湧水町、霧島市、姶良市の予選を勝ち抜いたチームが日頃の訓練の成果を競いました。
2016_07240005 (1280x853)

出水の鶴翔祭では8000発もの花火が見事でした。程よい風が吹き、涼しく、最良のコンディションの中で、懐かしく、至福のひとときでした。
2016_07240020 (1280x854)


おやっとさあ、小里泰弘です。

石破地方創生大臣を鹿児島に案内して、出水市、阿久根市、薩摩川内市甑島、霧島市など3日間にわたって視察をしていただきました。
2016_07170005

また、私が委員長を務める衆議院農林水産委員会として熊本の地震被害の視察にも行きました。

さらに、東京では経済対策の議論が始まるなど、めまぐるしいこの1週間でした。

と言いつつブログをご無沙汰した言い訳になってしまっていますね。

長かった梅雨もようやく明けました。今日は夏祭りなど3カ所に参加しましたが、夏の行事もたけなわとなってきました。
DSC_0005

フルにこの夏を生かして充実した楽しい夏にしたいものです。

おやっとさあ、小里泰弘です。

今回の参議院選挙、県知事選挙でのご支援に心から感謝申し上げます。

お陰さまで参議院鹿児島地方区では野村哲郎候補が大勝し、比例区でも鹿児島県出身の宇都隆史候補、園田修光候補をはじめ、自民党から19人が当選できました。

県知事選挙の結果についても真摯に受け止め、「県民のための県政」の推進に努めてまいります。

おやっとさあ、小里泰弘です。

今週はしばしば公報車から街宣活動を行いました。参議院議員候補の野村候補の選挙カーに2回、自民党県連の公報車に2回乗りました。

公報車からマイクを握っての街宣活動は結構、体力を必要とします。1日の終わり頃には口が回らなくなりそうです。

参議院選挙、知事選挙を通じて30回以上の集会に参加。他県への応援も含めてフル稼働の選挙戦でした。

地域の皆様に支えられての選挙活動も今日で終了です。本当にありがとうございました。

このページのトップヘ