小里泰弘のブログ

衆議院議員小里泰弘のブログです

おやっとさあ、小里泰弘です。

TPPについて野党が攻撃材料としてきています。そもそも事実上のTPP交渉は民主党政権下において始まり、民主党政権によって進められてきたことを忘れてはなりません。

TPP交渉を引き継いだ安倍政権において我々が打ち出したのが国益を守るという考え方です。

当時、自民党の農林部会長であった私は、農業農村や国民皆保険制度を始め11分野にわたって守るべき国益を定め、これらを守る決議を提案し、党や国会で決議されました。

この決議を踏まえた交渉によって国民皆保険制度を始め、ほとんどの国益が守られました。

農業農村分野においても、それぞれの品目の特性を踏まえて日本側の知恵が随所に打ち込まれています。その結果、どの品目にしても現場への影響はほとんどありません。

ただ、TPPがあろうとなかろうと、TPP以前から農業の現場は、担い手不足、高齢化、コストの問題など深刻な課題を抱えています。

この際、このような従来からの課題にも深く切り込んで対策を打って、安定した農業を実現して、将来へつなげていこうというものです。

その中で「攻めの農業」の可能性が大きく開けそうです。例えば、2年前EUへの牛肉の輸出が解禁となって以来、豪州産や米国産の「にせ和牛」に対して日本産の「本物和牛」は2倍近い値で取引されています。また、中国の牛肉の輸入量はこの10年間で80倍になるなど市場は大きく広がっています。

先日行った山形のさくらんぼは、タイで国内価格の2倍以上の値段で取引されているそうです。

米もタイにおいて国内価格の2倍以上の値段であるにもかかわらず、日本産の米が大評判となっています。

このような攻めるべきはしっかりと攻め、守るべきをしっかりと守りながら、努力が報われる農業を目指してまいります。

おやっとさあ、小里泰弘です。

参議院選挙戦がスタートしました。今日は野村哲郎候補の出陣式を始め、4カ所の出陣式に参加。雨も上がり、大勢の皆様の熱意のもとに出陣式が執り行われました。
2016_06220004 (1280x853)

2016_06220006 (1280x853)

民主党政権の迷走によってもたらされた内政、外交面での危機的状況から脱却するべく、「日本を取り戻す」との強い信念で、安倍政権のもと各種の施策を打ってきました。

経済も外交も農政も本来の姿を取り戻しつつありますが、これを確実なものにしていかなければなりません。

日本の政治の真価が問われる今、全力で頑張ってまいります。

おやっとさあ、小里泰弘です。

今日も参院選応援のために山形に来ました。JAの皆さんと地域農業について意見交換し、農政連の決起集会に参加するなど、お陰様で有意義な活動ができました。

参院選の争点の1つに経済対策があります。アベノミクスの効果については侃々諤々の議論があります。

まず、政権奪還後の3年半の間にGDPは28兆円増え、国民総所得は40兆円近く増え、民主党政権下で失われた部分をほぼ回復したのは事実です。

企業収益は、中小企業も含めて過去最高益となり、国税収入は15兆円増えて過去最高税収に迫りつつあります。

有効求人倍率は1・34。すべての都道府県で1を上回り、仕事を選ばなければ、すべての職を求める人に仕事がある計算になります。

このようにアベノミクスの効果は数字によって明らかですが、地方においてその実感がないのも事実です。

アベノミクスの効果を地方にまで及ぼしていかなければなりません。

コメントありがとうございました。

そうですね、日本の社会保障制度は、その財源と対象について抜本的に議論すべき時にきているのは確かです。

その上で将来への明確なビジョンを示し、あるべき政策を避けることなく、正面から国民の皆様に説明し、実行していかなければなりません。

ブログが随分と空いてしまいました。実は先の「山形へ」の記事は、3日前に送信したつもりでしたが送信されていませんでした。言い訳になりますが・・・

おやっとさあ、小里泰弘です。

参議院選挙応援のため、山形に行ってきました。山形の地元代議士の案内でJA関係や県議、市議等を回り、夜は2ヵ所で演説会に参加しました。

折りからさくらんぼの収穫期にあたり、さくらんぼハウスを視察し、地域の若手農家の皆さんと車座対話も行いました。

いよいよ参院選本番です。

このページのトップヘ