有限会社アオキソーシャルワーカーオフィス「オアシス」

(本社)群馬県藤岡市三波川215-2 (市役所前OFFICE)群馬県藤岡市中栗須92-1ノースリッチ1F

心筋梗塞(左冠動脈主幹部病変)からの回復

令和3年7月20日午後6時頃なんの前触れもなく、激しい胸痛と呼吸苦に陥りました。家族による救急車要請にて近隣の総合病院へ搬送されました。

病名は急性心筋梗塞(左冠動脈主幹部病変・急性広範前壁心筋梗塞)合併症として心不全・肺炎です。

緊急カテーテルにてステント留置。その後、重度の心不全となりIABP留置。人工呼吸器管理。高カロリー輸液開始。

令和3年9月15日現在、ほぼ病前の状態に回復しています。

左冠動脈主幹部に異常が発すると多くの場合回復困難な状態になるようです。

奇跡的に回復できたことに感謝するとともに、同じ病気に苦しむ人や見守る家族の方々に少しでも希望をお届けできればと考えています。

回復の過程を少しづつ記していこうと思います。


お詫び

お詫び
ホームページにてお問合せいただいた方の中で、当方で受信できない事案が発生していました。
現在調査中ですが、もし問い合わせしたのに何らの連絡もなかった方がおられましたら、電話もしくは直接 aoki@asw-office.jp までご連絡いただければ幸いです。ご迷惑をおかけしご不快な思いをされた方には謹んでお詫び申し上げます。
再度セミナー等受講のご希望がございましたら、特別価格にて対応させていただきます。
有限会社アオキソーシャルワーカーオフィス 
          代表取締役青木康壽

ホームページ開設しました。

新しくホームページを開設いたしました。とりあえず公開はしましたが、まだまだ不十分です。
少しづつ仕上げていきますのでよろしくお願いいたします。

データのバックアップ

データのバックアップは、以前は外付けハードディスクにて3ヵ所で行っていました。今はクラウドが発達しているので、グーグルドライブとオフィス365ドライブ2つに保存しています。
グーグルとマイクロソフトと両方が同時にエラー起こすことはまずないでしょう。世界核戦争でも起きない限り。。。

商売人魂について。

私は、商売(ビジネス)に命を懸けています。私の正当な商売について妨害するような輩は、徹底的に完膚なきまでに排除する所存でございます。

無名性について

ソーシャルワーカーが自分の立場及び氏名を公表し、12ステッププログラムの解説等を行うことはAA等の自助グループ活動とは全く別次元の問題であると考えています。
この場合無名であることは逆に無責任ですらあると考えています。

以下の文面あくまでもAAメンバーに適用されるのです。
伝統11 私たちの広報活動は、宣伝よりもひきつける魅力に基づくものであり、活字、電波、映像の分野では、私たち はつねに個人名を伏せる必要がある。
伝統12 無名であることは、私たちの伝統全体の霊的な基礎である。それは各個人よりも原理を優先すべきことを、つねに私たちに思い起こさせるものである。

ソーシャルワーカーの援助技術についてはAAから見れば、
伝統10 アルコホーリクス・アノニマスは、外部の問題に意見を持たない。が適用されるわけです。
12ステッププログラムや市販のビックブックを専門的見地から分析して独自の見解を述べるのは表現の自由ですらあります。

仮にAAメンバーであっても、
アノニマス「なお、AAメンバーであることを表明しない限りは、マスコミに出ても、公の場で自分のフルネームや立場を明かしても、伝統に反するものではない。」が適用されます。
※表明・・・自分の考え・決意などを、はっきりあらわし示すこと


ユーチューブ始めました。

外部講師の依頼を断ることも多くて恐縮です。
ユーチューブを見ていただければ幸いです。 

https://www.youtube.com/channel/UCf6psNIr6ildOwIV0L0UnRQ

アルコール依存症についての研究

ソーシャルワーカーとしてアルコール依存症について興味を持っています。
アルコール依存症についての情報も発信していく予定ですので、よろしくお願いいたします。
依存症終了証

明けましておめでとうございます。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
なぜか、またブログを書きたくなる状況に陥りました。
少しづつアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

消極的な営業

 人手不足は深刻です。訪問介護などは利用者獲得に躍起になって時期もありましたが、最近は受けた仕事がさばき切れず、週3回利用している方を2回に減らせませんか?と消極的もしくは逆営業ともいえるような状態です。

ニュー成年後見

契約(法律行為)を成立させるのには意思能力が必要です。意思能力に問題があると有効に契約(法律行為)を成立させられないので、その法律行為における意思能力を補完するために成年後見人・保佐人・補助人がいるわけです。その道具として同意権・取消権、代理権が審判によって付与されるわけです。ですから、民法のテキストなどを読むと、「成年後見人がかかわるのはあくまでも法律行為である」と記されていたのです。

 しかし、今後の成年後見制度は、生活全般にわたる本人の「意思を尊重」し「身上保護」を重視したものとなるようです。

疑問に思うのは、主に法律行為にかかわらない成年後見であるならば、家裁の審判はいらないのではということです。普通に社会福祉士や一般市民の方が生活の支援をすればいいのです。市役所が中心となって多少の金銭管理も行う生活支援員を養成すればいいのです。

実践成年後見

IMG_0250
おなじみの「実践成年後見」です。

新型カムリ

新型カムリ本日納車。12

仕事の分類

①仕事が暇で儲からない。
仕事が忙しく儲からない。
仕事が忙しく儲かる。
仕事が暇で儲かる。
経営は④の状態に持ち込んでこそ良いサービスができるのです。
そして,楽しく充実したライフワークバランスが取れます。

サ高住

サービス付高齢者住宅の関係者とお話機会がありました。
サ高住は現在値引き競争の様相で住居の部分ではほとんど利益が望めないそうです。格安で高齢者を住まわせ併設のデイサービス等を毎日利用することによってようやく利益が見込めるとのこと。

ということは,純粋に経営的に考えればデイサービスを満員にすることができる経営力があれば住居(泊まる施設)の部分は要らないということです。

御来場者様
  • 累計:

市役所前連絡先
TEL・0274-50-8175   FAX・0274-50-8176
本社連絡先
TEL・0274-52-3975
FAX・0274-20-3864 
オアシス紹介

公式ブログ

独立型社会福祉士事務所です。
社会福祉士・精神保健福祉士が対応します。
オアシス市役所前オフィス
℡0274-50-8175