書いた小説を世に出したい。これは誰もが思い描く、作家を志す者ならば。作品には自信があるけども、雑誌のコンクールでは箸にも棒にも掛からない。インターネットの投稿サイトに、投稿しても反応はなく、PV数は上がらない。そんな大多数の人のなかに、僕もいる。



簡単に、世に出す方法がある。それは、自費出版を行うということだ。大きな出版社なら、300の書店に並び、いろいろなマスコミで広告を出し、作品を批評し、共に作り上げていく。見積もりを取ってみたら、200万円を超えた。その出版社は、熱っぽく僕の作品を語り、出版の重要性と意義を説いた。その作品は小説ではなかったが、1冊の本が世に出るかもしれないと思うと、胸が躍った。しかし、僕は結局、その出版社では、出版せずに、もっと安いところで自費出版をした。校正もなければ、編集もなく、表紙もないようなもので、アマゾンのみに流通し、売れたのはたったの6冊だった。出版費用は4980円で、格安だった。僕はそれでも満足した。


電子出版で、小説を出したこともあった。こちらは費用がゼロということで、出版社の審査とKINDLEとKUBOの審査があったけども、それをパスして値段が付いてインターネットで流通した。これは一冊も売れていなかった。最早、出していることすら忘れてしまっていたが、電子出版のみだと探すと、費用がゼロのところもあった。電子出版の主な売り上げを稼いでいるのは、漫画なので、小説で勝負するのは無謀かもしれないが、費用がゼロなら試しても良いだろう。


自費出版の会社は無数にある。今回、『自由のバベル』を書き上げたので、いくつかの会社に原稿を送ってみたが、書店流通出版は80万円から260万円まで幅があった。その金額の差は、マスコミ媒体への露出であったり、出版社のブランドだったりすると思うが、要するにブラックボックスである。金銭に余裕があり、作品に自信と思い入れがある場合は、大手の出版社の自費出版を試してみると良いのかもしれない。どうせ出すなら、最高のルートでとは思うが、新車が一台買える金額を簡単な感想と批評だけで、出すことは僕にはできなかった。


もっとも、流通させなければ、印刷所に直接頼むとか、出版社の非流通プランなどもある。その場合は、費用がずいぶん抑えることができる。記念碑的に出版するのであれば、それで十分だ。


200万円の出版費用を回収しようと思えば、印税の設定にもよるが、何十万部も売らねばならず、この出版不況の時代に、それは非常に難しいことと言わざるを得ない。
あと、気を付けなければならないのが、増刷時に費用が発生する出版社もある。500部の増刷で、30万円以上の出版社もあり、最初の費用は安いが、小説家として身を立てていくのに、増刷に費用が掛かるのでは、本末転倒だ。


自費出版の会社はメールや電話で批評をし、作品の良い点と悪い点を挙げる。そして、金額を提示し、僕が迷っていると、「是非、出版するべき作品です」という言葉とともに、最後に褒める。提示金額は、決して安くはなく、途方もないものだ。


広告業界に勤めている友達が言っていたが、「マーケティングがしっかりしていれば、つまらないものでも売れる」そうだ。作品に自信と思い入れがあるのなら、マーケティングの戦略がしっかりしている会社を選び、自費出版をするのは、案外成功するかもしれない。


ただし、自費出版の会社の人に聞いたところ、「特に、小説部門は出版不況のあおりを受けている」らしいので、過度の期待は禁物だろう。ちなみに4980円の自費出版は「デザインエッグ」というところで、表紙も数万円で作ってくれて、アマゾンで流通する。費用を捻出できない人は、試してみてもいいかもしれない。紙の本が出来上がる。

電子出版だけで良いのなら、「あいうえお出版」で無料で出すことができる。